ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ザックJ決起集会 本田と大久保が戦術論を交わすシーンも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 サッカーワールドカップブラジル大会1次リーグで敗退してしまった日本代表。最後の試合となったコロンビア戦を目前に控えた6月21日、急遽練習を取りやめ、キャンプ地・イトゥ市にあるレストランで決起集会を開催した。

 南米の伝統的肉料理「シュラスコ」で有名なこの店に集まったのは、監督、選手、コーチ陣ら総勢50名。

「1次リーグ2試合を1分1敗で終えたザックジャパンですが、先の2試合は、選手たちの呼吸が乱れ、チームの長所である連携力は影を潜めました。そこで、ザッケローニ監督(61才)は“問題はフィジカルではなくメンタルにある”と判断、“リフレッシュして最終戦に臨んでほしい”ということで、食事会を開くことにしたそうです」(スポーツ紙記者)

 監督を含め、多くの選手が見守るような視線を送っていた先が、エース・本田圭佑(28才)が座ったテーブルだった。そこは端から本田圭佑(28才)、長友佑都(27才)、大久保嘉人(32才)、キャプテン長谷部誠(30才)という横並びの席で、“因縁の2人”が近くで同席する形となったのだ。

「本田と大久保は、“チームの亀裂の原因”といわれるほど、関係性はあまりよくありません。これまでのザックジャパンは、よくも悪くも本田が中心で、彼が“オレ様”ぶりでチームを引っ張ってきました。そこに、同じく“オレ様”タイプで、強い言葉を発する大ベテランの大久保が加入したことで、チーム内に2つの核ができ、選手間にズレが生じるようになったんです」(サッカー関係者)

 それまで本田とつるんでいた香川真司(25才)、柿谷曜一朗(24才)、山口蛍(23才)らは“大久保派”となり、大久保とばかり行動をともにするようになっていった。長友、岡崎慎司(28才)らで形成する“本田派”と肩を並べるほど、勢力を強大なものとした“大久保派”。大久保のチーム内での発言力は増していった。

 そんな2人のボスが、同じテーブルで近くに座ったため、スタッフや他のチームメートたちからも注目を集めることに…。

「お互いに意識し合っていますから、普段はあまり会話をしない2人ですけど、近くに座っていた長友や香川が、気を使って話を振ったりしていたそうです。同時間帯に放送していたナイジェリアvsボスニア戦を観戦しながら、“オレらならこうするよな”なんて、本田と大久保が、戦術論を交わし始めるシーンもあったみたいです。

 本田がデザートでクリームパフェを注文したんですが、これが特大サイズだったみたいで、本田ひとりでは食べきれず、周囲も大笑い。大久保を中心として、みんなで残りを平らげたそうです。器が空になったときには、全員で歓喜の雄叫びをあげ、盛り上がったようです」(前出・サッカー関係者)

 クリームパフェでの団結も、残念ながら結果にはつながらなかった。

※女性セブン2014年7月10日号

【関連記事】
香川と柿谷が大久保の取り合い 水浸し助けた柿谷が一歩リード
新大久保の韓国学生との韓国語個人レッスン 参加費は300円
新大久保の「会いに行ける」韓流アイドル・KINOに大行列

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP