ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

勉強、仕事がはかどるノートのとり方とは?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

 仕事や勉強をしているときに、ノートを使っている人はいますか? 
 使っていても、言われたことを備忘録的にメモする程度になっていませんか?
 しかし、これはもったいないこと。なんとなく書いていたノートの使い方を少し意識的に変えるだけで、驚くほど仕事や勉強の効率がよくなるからです。

 元アナウンサーで累計150万部の「1分間シリーズ」の著者である石井貴士さんの最新作『本当に頭がよくなる1分間ノート術』(SBクリエティブ/刊)は、勉強はもちろん、仕事の効率化に役立ったり、アイデアや発想を形にしたりするためのノートの取り方を教えてくれる一冊。
 業務効率が悪い、勉強が捗らない、頭の中が整理されないといった悩みは、ノートのとり方を変えるだけで劇的にアップするとのこと。では、石井さん流のノート術とはどのようなものなのでしょうか。

■カギは“1ページ1秒で見返せる”ノートを作る
 石井さんは、やみくもに書き写したり、備忘録程度に書き留めたりするのではなく、「見返すことを前提にして」ノートをとるべきだといいます。
 例えばごちゃごちゃと小さい字で書いてあると、読むだけでも一苦労しますよね。また、文字で埋め尽くされていると、後で清書する必要が出てくるので時間のロスになります。
 ここで目指すべきは“1ページを1秒で見返せる”ノートを作ること。
 それにはまず大きな前提として大きな文字で、ゆったりと余裕を持ったスペースを取って書くことが大事なのです。

■“1秒で見返せる”ノート7箇条とは?
 石井さんは本書の巻末で「1分間ノート術」総まとめとして、ノートをとるときの7つのポイントをあげているので、ご紹介します。

1、ノートは大きな字でゆったり書く
2、ノートは一行空けて書く
3、ノートは自分だけがわかればいい
4、ルーズリーフの右側にだけノートを取る
5、ノートの右側の左右に線を引く
6、携帯用ノートは引き継ぎながら使う
7、4色のバインダーファイルにまとめる

 例えば4は、ルーズリーフの裏面には何も書かれていないため、切り貼りができるようになり、ポイント毎に重要な点をまとめ直したノートを簡単に作れます。
 また7は、4色をそれぞれジャンルや目的で分けて、ノートとしてとったルーズリーフをまとめ直すように推奨しています。例えばスケジュールの優先順位ならば、「最重要のもの」「優先順位2位のもの」「優先順位3位のもの」「優先順位4位のもの」。仕事に関する資料なら「ビジネスの資料」「本に関する資料」「その他の資料」「取引先に関する資料」といった具合に分けるのです。そうすることで、混乱することなく、すっきりとした自分だけのノートが作れるはずです。

 他にも細かで便利なテクニックが大きな図解でわかりやすく紹介されており、これまでノート作りを意識してこなかった人も、すぐに実践できるようになっています。
 ノートの中身が整理されているということは、頭の中もすっきり明確になっている状態であるということ。仕事も勉強も、より効率的にこなしていけるようになるはずです。学生からビジネスパーソンまで、もっと成績を伸ばしたい、仕事の業績をあげたいという人は参考にしてみてはいかがでしょうか。
(新刊JP編集部)

【関連記事】 元記事はこちら
“嫌いな人がいなくなるノート”とは?
「引き寄せの法則」の正しいやり方
お金を貯めることができない人に見られる“悪い習慣”

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP