ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

秋元才加が床を舐める!『奴隷区』で大胆チャレンジで新境地、将来の目標とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

女優としての道を歩み始めた秋元才加が、昨夏のAKB48卒業後、初めて映画作品に身を投じた記念作が、『奴隷区 僕と23人の奴隷』。人気サスペンススリラーを原作に、勝者は主人、敗者は奴隷になる異常なサバイバル・ゲームが妥当する世界で、刺激的なシーンにも挑戦した。将来は「コメディエンヌを目指す」という彼女に、女優業の話を聞く。

公開前のニュースで秋元演じる荒川エイアが床を舐めるシーンが話題を集めたが、劇中で笑顔を封印した彼女は、ちょっと前までトップアイドルだった姿が想像しえないほど、大胆な表現の数々にチャレンジ。異常なゲームで人生が狂う女の子を圧倒的な存在感で演じ上げたが、「わたし迫力顔なので。ちょっとしたことで、人の3倍くらい迫力が出ちゃって(笑)」と謙遜して語る。「でも、演技をする上で、これが自分の弱点だと知りました。映画ではなるべく何もしないことも重要で、緊張しました。本郷奏多君との何気ないシーンでの相手との距離感の表現とか、繊細なサジ加減が必要。本当に、勉強になりましたね」。




『奴隷区 僕と23人の奴隷』の撮影を経て、三谷幸喜作・演出の舞台「国民の映画」や、主演映画『マンゴーと赤い車椅子』(14年秋公開)、『牙狼<GARO>』シリーズ最新作では、アクションも披露するなど目下、女優としての幅は拡大中だ。しかし本人は、「まだ実感はないですね」と”女優”と呼ばれることに、不慣れを感じているという。「いまは、いろいろな出会いをさせていただいて、三谷さんなどはアドバイスもいただいて。すごく勉強になっているので、自分を見つめ直す時期じゃないかな」。その一方、『コドモ警察』(13)などの福田雄一監督作品などコメディーのジャンルに惹かれるそうで、「コメディエンヌって、いいですよね(笑)。そうなれれば、飛び上がるほどうれしい。いま、AKB48を卒業して女優に専念しますと言っていても、バラエティー番組でコント的なことをするなどの表現の場はなくなったので、そういう機会に恵まれたらいいなあと思っています」と目を輝かす。

その第一歩となる、『奴隷区 僕と23人の奴隷』。「秋元でよかったと思ってくれれば、合格ですかね~(笑)」と、最後にメッセージを投げる。「そもそものビジュアルや細かい設定が違うことが多いので、原作のファンの皆さんが許すと思ってくれれば。そこが目標ではありました」。秋元の女優業への熱意と覚悟を感じる意欲作。ファンならずとも大注目だ。




映画『奴隷区 僕と23人の奴隷』は、2014年6月28日(土)より、全国ロードショー!

【参照リンク】
・『奴隷区 僕と23人の奴隷』公式サイト
http://minions.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP