ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

早稲田「恋愛学」や九大「婚学」など大学で結婚を学ぶ時代に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ひと昔前、女性は“25才で結婚できなきゃ行き遅れ”といわれ、売れ残りのクリスマスケーキに例えられた。親は「早く結婚しろ!」と娘をせかし、親戚は「いい人がいるのよ」とお見合い話を持ってくる──。

「当時は結婚に対して、身近な誰かが背中を押してくれる社会的圧力がありましたが、現代はそれがない。だから結婚に向けて、自らが一歩踏み出していくしかない。そのためにも、結婚を学ぶ必要があると思うんです」と語るのは、九州大学大学院助教の佐藤剛史さん。佐藤さんは九州大学で2012年から『婚学』講座を開講している。

 現在の生涯未婚率は男性20%、女性10%と右肩上がりに増加し、離婚率はここ数年35%超で推移、3組に1組の夫婦が離婚している。

「昔は今より地域コミュニティーがしっかり機能して、核家族化が進んでいなかったので、親や地元の先輩が“そんなことしちゃだめ”“そういう時はこう対処すれば大丈夫”などと恋愛や結婚生活のコツを伝承してくれた。しかし、今は誰もアドバイスしてくれません。だから、大学生のうちに人生設計を組み立てる。恋愛や結婚、出産、子育てについて考え、生き方をイメージしておくのが大事な時代になったのではないかと感じています」(佐藤さん)

 早稲田大学では、男女間の恋愛感情を科学的に分析する『恋愛学』を2008年から開講(今年は休講)。担当教授である森川友義さんは、こう指摘する。

「人生の目的は何かといえば、究極的には食糧獲得と異性獲得のふたつ。われわれは食糧獲得のために、子供の頃から勉強してビジネススキルを叩き込まれる。ならば、素敵な異性を獲得するための科目があってもいいと思うのです」

※女性セブン2014年7月10日号

【関連記事】
警察官 中国人女性と結婚しようとしたら上司が大反対
大手企業採用担当が具体的面接NG例示し内定獲得法教える本
小学6年生の佐藤浩市に三國連太郎「これから1人で生きろ」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP