ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ぶっ殺す!」シュワ最新作『サボタージュ』特報解禁 連続猟奇殺人の裏に潜む衝撃の謎

DATE:
  • ガジェット通信を≫

全復活を果たしたアーノルド・シュワルツェネッガーだが、休む間もなく最新作『サボタージュ』が11月公開、特報が初お目見えとなった。

今度の作品は、麻薬カルテルと麻薬取締局(DEA)との壮絶な戦いを描いたアクション大作。シュワルツェネッガーが演じるのは、アメリカの麻薬戦争において多大な功績を挙げてきた、DEA最強特殊部隊を率いるリーダー、ジョン・ウォートンだ。




8人の部下とともに、敵アジトに乗り込み、アジトに残された大金を手に入れ順風満帆かと思われたのも束の間、最強チームを襲う謎の猟奇連続殺人が発生。チームのメンバーがひとり、またひとりと消されていく――。
誰を信じるべきか分からないまま、それはジョンへの恨みを晴らそうとする麻薬組織の仕業なのか、それともチーム内の何者かの犯行なのか。ジョンと女刑事が捜査を繰り広げるなか、チームのメンバーは疑心暗鬼に陥り、猟奇的な連続殺人はさらなる異常な展開を見せていき……。

カーチェイス、銃撃戦といったド迫力なアクションはもちろん健在。それと共に、「ブッ殺してやる」と静かに言い放つジョンからは、何か並々ならぬ決意が垣間見え、これまでのシュワルツェネッガーとは違う、一筋縄ではいかない彼の”裏の顔”を感じさせる。

【特報】http://youtu.be/jD5DKPuMhDw

共演には、『アバター』『ターミネーター4』のサム・ワーシントン、『アイアンマン』『プリズナーズ』のテレンス・ハワード、TVシリーズ「キリング/26日間」の主人公サラ・リンデン役で脚光を浴びたミレイユ・イーノス。

複雑に絡み合う、猟奇連続殺人の謎が明かされた時、そこには誰も予想できない”衝撃のラスト”が待ち受ける――!

『サボタージュ』は11月 TOHOシネマズみゆき座ほか全国ロードショー

(C)2013 DEA Productions, LLC All Rights Reserved.

【参照リンク】
・『サボタージュ』公式サイト
http://www.sabotage-movie.jp/ 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP