ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

テラハはほぼリアル? 気になるシェアハウスの恋愛事情

DATE:
  • ガジェット通信を≫

前回は、フジテレビの人気番組『テラスハウス』のようなシェアハウスライフを送っている男女ふたりに、シェアハウスライフをはじめたキッカケや魅力についてお聞きしました。

ふたりが仲睦まじく会話する姿を見ていたら、やっぱり聞かずにはいられない! そう、「シェアハウスの恋愛事情」です。

実際のところ恋愛感情は?

―いくら同居人でも、なにもかもさらけ出して心を許せる関係ってそれは恋じゃないの!?

ちひろ:難しいんですけど、一緒に住んでいる仲間だから、(恋とか関係なく)何かあったら助けたり、迎えに行ったりは無条件でしますよ。

あさみ:ウチ(UNITE)は誰かがリビングにいたらみんなが集まってくるほど仲よしで、恋とか友情はもう飛び越えちゃってます。

―その割にはふたりとっても仲がいいですよね。恋かなって思ったりしない?

ちひろ:深いところには(そういうものが)あるんだと思います。女性だから、守らなきゃっていう。悩みを聞いたり、迎えに行ったりするのは一緒に住んでるからできることだけど、人として好きっていう感情はあると思います。

あさみ:彼はすっごく年下だけど、本当にしっかり者なんです。

ちひろ:年下だからこそ、よけい(恋かどうか)複雑なのかも。甘えられるお姉さんだし。でも、年が離れた女性と日常を共有できるのもシェアハウスだからこそですね。(このインタビューが、そのことを)ちゃんと考えるいいタイミングになったかな。

シェアハウスならではの体験

―共同生活ならではの、言葉では足りない特別な感情、関係が生まれるんですね。ほかにもシェアハウスらしいエピソードってある?

ちひろ:悩んでいたり、わからないことがあると、帰ってきて皆に聞けば、誰かしら助けてくれる!

あさみ:みんな色んな意見があるんだな~って感じることもできるし。あと私はパソコンが苦手だから、いっつも誰か呼んで教えてもらってます。

ちひろ:僕、結婚願望があるんですけど、女性の見方が変わった。前は美人ばかりに目がいってたけど、いまは顔よりも料理や洗濯をするときの何気ない仕草にドキッとするようになった。あとシェアハウスに住むと、女性と一緒に住んだ場合の気づかいが学べますね。

あさみ:毎朝、すっぴんで顔合わせて、歯磨きして、支度してとかやってるので、もしも彼(ちひろ)と結婚したら、こんな風かな~なんて想像はできますね。ここはオシャレな住人が多くて、ファッションチェックしたり、アイテム交換とかもしてます。

本当のシェアハウス生活って?

―そんなシェアハウスライフに向いている人ってどんな人?

ふたり:人が好きで、人と関わることで新しい発見をしたり、自分探しをしたり、変わりたい人には合ってると思います。反対に、独りの時間や雑多な空間が苦手な人には向かないかも。

―ちなみに、テラハを観て「こんなこと実際ないよー!」と思うことって?

あさみ:海とオシャレな車はない(笑)!

ちひろ:住人同士の部屋が近くて様子が分かるから、いきなり好きな子の部屋をノックしてデートに誘うなんて恥ずかしくてしない。たぶんLINEになると思う。

ふたり:でもテラハはほぼリアルだと思います!

感情もシェアできる温かい居場所

シェアハウスのシェアは、住居というハード面だけでなく、思いやりの気持ちや楽しい時間、辛い気持ちなど、生きている毎日すべてをシェアできる場所なんだなということが、ふたりの言葉からグングン伝わってきました!

また、テラハでは深い想いは恋へと発展しますが、ふたりの話や空気感からは、シェアハウスで一緒に住んでいると、恋とひとくちに片づけられない、心と共同生活のバランスをとろうとする気持ちが働くようにも思えました。

ふたりが住んでいる西新宿のシェアハウス「UNITE」は、いま入れ替わりの時期で空き部屋があり、内覧もできるそうですよ(掲載時点での情報です。空き部屋の確認はUNITEへお願いします)。

■ あわせて読みたい
返事でアート? 結婚式のおもしろ招待状
「なんでもない」は男性が苦手なこじらせワードみたい
まるで60’sシネマのよう! いるだけで画になりそうな「マグノリアベーカリー」
100年後には沈みゆく島で大好きな彼と…
気にするべきは「後ろ脚」だった! まっすぐな美脚のつくりかた
職場で私用メールの誤送信…対応はスピードが命
雨の日でもドライヤーいらず! ササッとかんたんヘアセット

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP