ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バイアコム EVP/マネージング・ディレクターにマーク・ホワイトヘッド氏が就任

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【シンガポール/ニューヨーク 2014年6月25日】 バイアコム・インターナショナル・メディア・ネットワークス(以下 VIMN)は本日、マーク・ホワイトヘッド(Mark Whitehead)氏をアジア地域におけるエグゼクティブ・バイスプレジデント(EVP)/マネージング・ディレクターに任命したと発表した。

ホワイトヘッド氏の就任は本年8月となり、シンガポールを拠点に、VIMNプレジデント兼 CEOのボブ・バキッシュ(Bob Bakish)にレポートする。同氏は、6月末をもって同職を退くインドラ・スハルジョノ(Indra Suharjono)の後任として、中国、日本、韓国、インドネシア、ベトナム、タイ、フィリピン、マレーシア、シンガポールにおけるMTV、ニコロデオン(Nickelodeon)、ニック・ジュニア(Nick Jr)、コメディ・セントラル(Comedy Central)などの全てのVIMNブランドとその事業を統括する。

今回のホワイトヘッド氏の就任決定にあたり、ボブ・バキッシュは次のように述べている。

ボブ・バキッシュ氏
9年間にわたって当社に貢献し、私たちのビジネスを次の段階へと導いてくれたインドラ氏に感謝します。彼女の今後の活躍を祈っています。当社は、アジアでの事業拡大の好機を今後も生かしていきたいと考えており、この地域で営業・マーケティングの豊富な経験と実績を持つホワイトヘッド氏を迎えられることを大変うれしく思います。彼の明確な戦略的ビジョンとリーダーシップが、アジアにおける私たちのビジネスやブランドのさらなる成長にとって非常に大きな戦力になると確信しています。

また、ホワイトヘッド氏は以下のように述べている。

ホワイトヘッド氏
アジアで躍進するバイアコム社の一員に加わることができて大変光栄です。パートナーシップを築き上げ、この地域でのビジネスをいっそう加速させる戦略を模索していきたいと思います。

VIMNに加わる以前、ホワイトヘッド氏は2009年からBBC Worldwide Southeast Asiaのシニア・バイスプレジデント/ゼネラル・マネージャーとして数年間にわたって同社を成長に導き、多くのテレビチャンネルのローンチに携わってきた。さらにそれ以前は、Discovery Networks Asiaで重要な役職を歴任(2002年〜2004年広告営業担当バイスプレジデント、2004年〜2009年収益担当シニア・バイスプレジデント)、1996年〜2002年にはCNN Internationalでヨーロッパおよびアジアの広告営業に関わる役職を歴任した。

また、ホワイトヘッド氏は、オックスフォード・ポリテクニック(Oxford Polytechnic、現オックスフォード・ブルックス大学)で建築学の優等学位を取得している。

関連リンク

■MTVhttp://www.mtvjapan.com

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。