ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ヤマダ電機、オリジナルタブレット第2弾「EveryPad II」を6月28日に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ヤマダ電機は6月26日、同社オリジナルタブレット第2弾「EveryPad II」を6月28日に発売すると発表しました。価格は26,800円+税で、全国のヤマダ電機店舗やベスト電器、ツクモ電機などのヤマダ電機グループの店舗、ヤマダ電機の直販サイトで販売されます。前作の「EveryPad」はスタンダードモデルで、今回の「EveryPad II」はクオリティモデルとされています。EveryPad IIもLenovoと共同で開発された製品で、筐体をスリム化・軽量化し、内部仕様も強化しています。さらに、ブラックモデルを追加するなど、様々なところで変化がみられます。OSはAndroid 4.2(Jelly Bean)を搭載しています。Google Play対応かどうかは明記されていませんが、ホーム画面にGoogle PlayストアやGmailのアイコンが描かれているので対応しているのではないかと思います。ディスプレイは7インチ1,280×800ピクセルのIPS液晶、プロセッサはMediaTek MT8121 1.3GHzクアッドコア、RAM容量は1GB、内蔵ストレージの容量は16GB、Micro SDカードも利用可能です(16GB同梱)。カメラは背面に500万画素(AF対応)、前面に200万画素を搭載。バッテリー容量は公開されていませんが、Wi-Fi接続時の駆動時間は約7.5時間とされています。筐体サイズは198 × 121.2 × 9.9mm、質量は320g。カラバリはブラックとホワイトの2色です。Source : ヤマダ電機


(juggly.cn)記事関連リンク
Moto 360ウォッチフェイスデザインコンテンストの最優秀作品が発表!
Razer、Android TVを搭載したマイクロコンソールを今秋発売
Android版OneDriveがv2.6にアップデート、ようやく検索機能が追加、プルダウン更新にも対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP