ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android “L”リリースの“Material Design”を適用したGoogleアプリやシステムアプリのスクリーンショット

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android “L”リリースの目玉と言えるのが“Material Design”と呼ばれる新デザインの導入です。Lリリースはまだ正式には提供されておらず、Developer Previewもまだ配信されていないのですが、アプリを起動した時の状態を撮影したスクリーンショットが海外のWEBサイトPhandroidで公開されていたので、実際に様子がどのようなものなのかを把握することができました。Androidの設定メニューは、アクションバー、トグル、スライダーのカラーリングが一新しています。表示したセクションによってもカラーリングは変わる模様です。YouTubeはステータスバーにまで映像枠が拡大しており、まるで鏡を見ているかのようです。Google PlayストアやGoogle PlayブックスのGoogleアプリはアクションバーとステータスバーがほぼ同じカラーリングになっており、iPhoneのような雰囲気です。ただ、カードにシャドウがかかっており、見分けやすくなっています。Googleマップ。ダイアログのデザインがよりシンプルになって見栄えがよくなりましたね。Google Plaミュージック。Window PhoneのMetro風ですね。アクションバーとステータスバーにアルバムアートが表示されるところがいい感じ。Googleカレンダー。以前は殺風景な内容でしたが、カラフルでオシャレな印象を受けます。Googleキーボード。フラットデザインになっています。Simejiのようでもあります。Gmail。ギャラリー。連絡先。Source : Phandroid


(juggly.cn)記事関連リンク
KDDI、auスマートフォン既存モデルのAndroid 4.4アップデート対象機種を発表、HTC J OneやXperia Z1 / Z Ultraなど5機種が対象
Google、Android LのDeveloperプレビューをリリース、Nexus 5とNexus 7(2013)にはLPV79のファクトリーイメージを提供
Moto 360ウォッチフェイスデザインコンテンストの最優秀作品が発表!

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP