体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

氷室京介の魅力に迫る特別番組が6/29にWOWOWで放送、密着ドキュメンタリーで真の姿が明かされる

氷室京介の魅力に迫る特別番組が6/29にWOWOWで放送、密着ドキュメンタリーで真の姿が明かされる

氷室京介の魅力に迫る特別番組「氷室京介 25th Anniversary Special Part 1」が、6月29日にWOWOWでオンエアされる。

「コンサートが終わってから、今日もたどり着けなかったと毎回ホテルに帰って落ち込んでますよ」

氷室京介は、6月3,4日の東京国際フォーラム公演1週間後に行われたインタビューで苦笑いしながらそう言った。

80年代以降の日本のポップミュージックのシーンで最も影響力を持つ1人が氷室京介である。1982年にデビューしたBOØWYは、それまでの日本のバンドの概念を覆し、80年代後半のバンドブームの立役者となった。全国のアマチュアバンドコンテストの出場者の大半がBOØWYのコピーだったというエピソードは決して誇張ではない。その絶頂を前にした88年、東京ドーム二日間を最後に解散。88年7月21日、記念すべきシングル「ANGEL」でソロ活動をスタートした。“裸の俺を見つめなよANGEL”という歌詞は、彼の決意と覚悟の表れのようだった。

それから25年。今年の3月11日の仙台での震災復興チャリテイライブを前哨戦に3月15日の市原市文化会館からスタートしたツアー「25th ANNIVERSARY TOUR GREATEST ANTHOLGY –NAKED-」は、そんな記念すべき区切りのツアーだ。そのタイトルにつけられた”NAKED”に、「ANGEL」の歌詞を思い浮かべたファンも多かったに違いない。

氷室京介の25年は、他のどのアーティストにもない孤高の軌跡を描いている。男性ソロとして史上三位の“アルバムチャート一位獲得数”や“最多東京ドーム公演数”などの実績だけではない。90年代半ばからそうした栄光を捨て去るようにアメリカに移住。自分の求めるビートとあるべき姿に向かって踏み出していった。今回のインタビューでも、彼は「日本で何も出来ないスター様でいたくなかった」と言った。自ら妥協を許さないストイックな生き方を象徴しているのが冒頭の言葉だろう。毎回、全ての力を使い果たすかのように見える緊張感溢れるパフォーマンス。研ぎすまされたビートと魂を揺さぶるようなバラード。そこには一点の淀みもない。

6月29日に放送される、WOWOWの25周年特番の第一弾は、このツアーに密着。ミュージシャンやスタッフ、ファンなどの声も交えつつ,氷室京介の魅力に迫っている。内面をさらけ出すような赤裸々なインタビューに衝撃を受ける人もいるはずだ。

こんなアーティストがかつて存在しただろうか。こんなライブをするアーティストが今、いるだろうか。

その真の姿が、まもなく明らかになる。

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。