ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

子ども向け3Dプリンター登場!CAD不要の簡単操作でおもちゃの自作も可能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

子どもがスマートフォンやタブレット端末などで遊んでいる光景はもはや珍しいものではなくなった。そしてもうすぐそこに3Dプリンターも加わるようだ。

米カルフォルニア拠点のスタートアップ「Mission Street Manufacturing」が開発中なのが子ども向けの3Dプリンター「Printeer」。CADなどの専門知識は一切不要で、iPadアプリに描いたものをそのまま出力することができるという、夢のようなマシーンだ。

■シースルー設計、安全性も確保

学校など教育の場での利用を想定していて、子どもが親しみやすいデザインとなっている。そしてプリンターが出力する様子を眺められるようシースルーになっているなどの配慮も。

出力の際はフィラメントを加熱するので、もちろんそうした部分には子どもが手を触れることがないように設計されている。

■iPadでの“お絵描き”が形に

通常、オブジェなどを製作するには3Dデータが必要になるわけだが、Printeerでは専用のiPadアプリを使ってスクリーン上で指を使って描いたものがプリントアウトされる。

つまり、子どもは自分のイメージに沿って“お絵描き”さえすれば、おもちゃやオブジェなど作りたいものが形となって出てくるというわけだ。これはかなり革命的で、子どもだけでなく大人も楽しめそうだ。

■教育現場に売り込み

資金調達サイトKickstarterで現在展開しているキャンペーンでは、すでに目標額5万ドルを達成。現在、549ドル出資すれば入手できる。

同社はすでにカルフォルニアの学校と提携していて、今後はそのほかの機関にも導入を促していく。小学校の「ずこう」の時間などで、こうしたプリンターを活用する日もそう遠くないのかもしれない。

Printeer

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP