ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【閲覧注意】夜にしか流せない!怖すぎる交通安全CMが話題

DATE:
  • ガジェット通信を≫

あまりに恐ろしい内容のため、夜の9時前に放送することが禁止されているアイルランドの交通安全CMが怖すぎて話題だ。

このCMに映し出されるのは、元気な子供たちであふれる教室。お気に入りの青いミニカーで遊ぶ少年、そしてクラスメートたちがうれしそうに出かける準備をする。やがて公園にお出かけし、魚をつかまえたり輪になって踊ったりと、楽しく過ごす子どもたちが微笑ましい。

一方、パンをかじりながら自動車で外出する男性が映し出される。少年が遊んでいる青いミニカーと、男性が運転する青い自動車が走る映像が重なる。すると次の瞬間、男性が運転する車が急カーブを曲がり損ね、壁に突っ込む。

「キャー!」という叫びが響いたかと思うと、なんとピクニック中の子どもたちが、回転しながら吹っ飛んできた車の下敷きに! 先ほどの少年は無残にも押し潰され、その手からミニカーが転がり落ちる…。

https://www.youtube.com/watch?v=MD8BkIgp9Fo

「2000年以降、スピードの出しすぎで教室の子どもたちが犠牲になっている」
「スピードを出しすぎると、あなたが結果をコントロールすることが不可能になる」

というナレーションと共に、無人の教室をバックに「恥を知れ」というメッセージが映し出されてCMは終わる。BGMは、Capolinea 24がカバーしたガンズ・アンド・ローゼズの名曲「スウィート・チャイルド・オブ・マイン」(※恋人と子ども時代の美しい思い出をイメージさせる曲)というのも皮肉である。

この過激なCMに対しネット上では、

「恐ろしい!」
「地獄だ…」
「交通安全CMで子どもたちを大量に殺すなんて!」
「”恥を知れ”で笑っちゃったのは俺だけ?」
「世の中のバカどもが事故を起こすのを防ぐために、これぐらい過激なCMが必要だ」

と賛否両論あるが、誰もが衝撃を受けているようだ。
 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP