ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

職場で私用メールの誤送信…対応はスピードが命

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
140626mail.jpg

毎日仕事をしていくなかでありがちなピンチのシーン、そんなときの上手な解決法を紹介します。

140626mail3.jpg

社内で仲のいい人宛に送る、ちょっとした私用メール。それを、うっかり別の人に送ってしまったら…。そんなときはこうやって切り抜けてみましょう。

すぐにお詫びメールを送る

とにかく気がついた段階ですぐにお詫びメールを送りましょう。早ければ早いほど、効果は大。内容ももちろんですが、短くてもよいのでスピードが勝負です。

失礼にならないように釘を刺す

次に、私用メールをしていることを他言しないように送信相手にお願いをしましょう。同僚や後輩でしたら、お詫びメールにちょっとかわいい和み系の画像を貼るのも効果的。

先輩ならば「もう二度といたしませんので、できましたら今回の件はご内密にお願いします」と、丁寧にお願いをしましょう。

メールの削除をお願いする

一度送ったメールは相手の手元に残ってしまいます。心ない人だと転送されて、被害がさらに大きくなる可能性も。

ここは「お手数ですが、誤っておくってしまったメールの削除をお願いいたします」と、削除をお願いしましょう。これは絶対お忘れなく。

【これで解決!】手土産持参で直接お詫びを!

140626mail2.jpg

▲かわいい猫のクッキー(オッコクッキーズ) こんなキュートなクッキーなら許してくれる?

できればメールのやりとりで済ませたいところですが、ここは気まずくても、メールの後に直接お詫びをしにいきましょう。

そのときにちょっとしたプチスイーツを持っていくと、あなたの印象がよくなります。「まあ、たまたまだったのね」と、笑って許してくれるかもしれません。

心が和むプチスイーツは、机の引き出しにこっそり常備しておくとよいでしょう。

Beautiful young woman image via Shutterstock

■ あわせて読みたい
思いが伝わる! 結婚式招待状のアートな返事
「なんでもない」は男性が苦手なこじらせワードみたい
まるで60’sシネマのよう! いるだけで画になりそうな「マグノリアベーカリー」
100年後には沈みゆく島で大好きな彼と…
気にするべきは「後ろ脚」だった! まっすぐな美脚のつくりかた
テラハはほぼリアル? 気になるシェアハウスの恋愛事情
雨の日でもドライヤーいらず! ササッとかんたんヘアセット

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。