体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ライブ・エンタテイメント関連企業が一堂に会する初の大型見本市が誕生 — 「第1回ライブ&イベント産業展」が7月9日より開催

ライブ・エンタテイメント関連企業が一堂に会する初の大型見本市が誕生 — 「第1回ライブ&イベント産業展」が7月9日より開催

ライブ・エンタテイメント関連企業が一堂に会する初の大型見本市が誕生
「第1回ライブ&イベント産業展」が7月9日より開催

ライブ&イベント産業展
事務局長 天野 桂介 主任 小林 愛実
東京国際ブックフェア、日本ものづくりワールドなど、様々な産業の見本市を主催しているリードエグジビションジャパン株式会社が、今年7月に「第1回ライブ&イベント産業展」を開催する。ソフトからハードまで220社もの出展企業と15,000名以上の来場者という、ライブとイベントに特化した最大級の見本市となる。

メディアの発達によって、より一層重要視されていくであろうライブ産業とイベント産業。その二つをこの展示会で融合させることによってマーケットの可能性はどのように広がっていくのだろうか。日本最大の国際見本市主催会社として、リードエグジビションジャパン株式会社ならではのこだわりや業界への思い、展示会の今後の展望なども伺った。

展示会ウェブサイト:http://www.live-event.jp/
基調講演・セミナー詳細:http://www.live-event.jp/seminar/
招待券の事前登録:http://www.live-event.jp/inv/

“ライブ”重視に変わってきたコンテンツ産業

── まず基本的なところからお伺いしたいのですが、「ライブ&イベント産業展」開催のきっかけとは?

天野:まず1つ目に、コンテンツ産業がライブ重視になってきたという動きがあります。私自身が長年「東京国際ブックフェア」という本の見本市の事務局長をやっておりまして、その中で、どうも音楽産業だけではなく、いろんなコンテンツ産業やパッケージソフトが構造的変化を受け、“ライブ”というものを重視するようになってきているなと。こうした動きから、いつか展示会で訴える必要が出てくる時期がくると5年ほど考えていたことがそもそもの背景です。

2つ目は、「東京国際ブックフェア」をはじめコンテンツビジネスに関連する展示会をやってる中で、イベントの“ネタ探し”に来られる方がすごく増えていることが分かったんです。例えば「プロダクションEXPO東京」という様々な種類の制作会社が出展する展示会をブックフェアと同時開催しているのですが、商店街の集客アップのためのお祭りで一緒にネタを考えてくれる企画会社を探しているとか、巨大団地の活性化のための大きなイベントを手伝ってくれる会社がないかといった声が挙がってきて、これは面白いなと思いまして。では、そういった方々をサポートする展示会があってもいんじゃないかと。

3つ目に、そんなことを考えてる間に東京オリンピックが決まりまして、これはイベント需要もライブ需要も増えるだろうし、だったら今こういう展示会をやるべきだなと思ったのが去年の秋だったんです。

▲「第1回ライブ&イベント産業展」公式サイト
── 今回は実施まで半年強ぐらいですが、一般的な展示会や見本市も構想から立ち上げまでに同じくらいの期間で動くものなのでしょうか?

天野:さすがに通常ですと発表から1年半後になります。それでもスケジュール的にはちょっと厳しいので、半年強というのはかなり異例のスピードですね(笑)

「将来的に国際化を打ち出していきたい」

── 今後、こういった展示会を開催する企業も出てくるかと思います。御社としての独自の強みや、こだわりがあればお聞かせください。

天野:会社としての強みというよりも、このライブ&イベント産業展のチームが“何を想って動いているか”という点をお話させていただくと、色々ありますが、やはり業界の活性化に貢献したいということですね。昨秋いろんな方にお話をお聞きしたところ、ライブ業界の方とイベント業界の方ははっきり分かれていて、お互い違う業界と認識していることが分かったんです。一方で、お互いの“島”に行きたいと思っている方々も多かった。ならば、この展示会を通じて相互に融合/活性化できたらすごく良いんじゃないかと。それから将来的な話なんですが、国際化は強烈に打ち出していきたいですね。今年は海外の出展社さんもいらっしゃるんですが、数年以内にはアジア中のプロモーターの方々が「ネタや機材、サービスを探す時は日本のライブ&イベント産業展だ!」と言って集まってくれる、そんな国際的な場にしたいと思っています。

1 2 3次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy