ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日焼け肌が美白肌に見えちゃうメイクの秘密

DATE:
  • ガジェット通信を≫

人間関係にも大きく影響する、メイクがつくり出す印象。ちょっと変えるだけで、なりたい印象にぐっと近づける印象アップメイク』を紹介します。

そろそろ日焼けが気になる季節。健康的な小麦色の肌も素敵ですが、できれば、夏のワントーン暗くなった肌でも、透明感のある色白な肌に見せたいという声もちらほら聞こえてきます。

そこで今回は、すっきりとした美白肌に見せるメイクのポイントをお伝えします。

ラメはゴールドではなくシルバーを選ぶ

シルバーラメは白っぽく光るので、肌の色を白く明るく見せることができます。対して、ゴールドラメは黄色っぽく光るので、肌の色を濃く見せ健康的な印象を与えることができます。

美白肌を狙うならシルバーラメがおすすめ。目の周りにシルバーをつかうと、白目をより白く見せる効果もありますよ!

チーク&リップは青みのあるピンク系を選ぶ

青みの強い色のコスメをつかうと、肌の色を白く見せることができます。黄みの強い色のコスメは、顔色の黄みや血色を増して見せる効果があります。

色白に見せたいときは、チーク、リップともに、青みのあるピンク系をつかいましょう。青みのピンクというのは、少し紫が混ざったようなピンクのことで、黄みのピンクというのはオレンジが混ざったようなピンクのことです。

ピンク系は幼くなってしまうので抵抗があるという場合は、ローズ系や、ワインレッド系でもOK!

このふたつのポイントをおさえてコスメを選ぶと、美白肌に一歩近づけます。ただし、元の肌色によっては、白く見えすぎて不健康な印象になってしまうこともあるので、シルバーの輝きの強さや、青みの度合いを調整してみてください。

top view of make up set image via Shutterstock



(グリッティ)記事関連リンク
暑くても涼やかに見せるメイクの二大ポイント
「手抜き?」と言われない、ナチュラルメイクの極意
クールな目元を、話しかけやすい雰囲気に見せるメイクポイント

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP