ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

筑後連続変死事件 容疑者妻は夫を殴ったり蹴ったりしていた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 6月16日、福岡・筑後市でリサイクルショップを経営する中尾知佐(ちさ)容疑者(45)、夫の伸也容疑者(47)が従業員などに対する殺人容疑で福岡県警に逮捕された。

 知佐容疑者が伸也容疑者と出会ったのは、彼女が働いていた福岡・中洲のクラブだったとか、筑後市にあるスナックだったなどと様々な証言がある。

 ただ、知人らの話で共通するのは「伸也が知佐に惚れ抜いて、男勝りの知佐のいうことには伸也はいつも従順だった」ということだ。知佐容疑者のホステス時代を知る男性はこう話す。

「知佐は中森明菜に似たとびきりの美人。細身なのに胸はDカップくらいありそうで、スタイルも抜群やったけん、彼女目当てで来る客も多かったとやないかな。伸也もその1人やろ。惚れた弱みで、最初から伸也は全く頭が上がらんかった。やんちゃな伸也が知佐の前で言いなりになっとう姿を見て皆、『魔性の女や』と噂しよった」

 結婚後、夫婦が始めたのが干物の行商だった。軽トラに干物や冷凍のサバの塩漬けなどを積み込んで、市内を行商で走る伸也容疑者の姿が近所の人たちに目撃されている。その頃、夫婦の間には娘がいた。当時、知佐容疑者のママ友だった地元女性がこんな話を明かす。

「娘同士が同い年やったけん、ご夫婦と仲が良かったとよ。チーちゃん(知佐容疑者)とは昼間にコーヒーを飲んだりカラオケに行ったり。当時は行商の仕事に不満を持っとったようで、借金があるやら稼ぎが悪いやら、愚痴をようこぼしよった」

 彼女は中尾家に何度か招かれている。妻のいうことに対していつも「はい」「はい」と頭を下げていた伸也容疑者の姿が印象的だったという。

「シンちゃん(伸也容疑者)はチーちゃんに絶対に逆らえんと。チーちゃんって口は立つし頭がキレるけん、男相手でも平気で口喧嘩し、相手に逃げ道を与えずトコトン追い込む。ある時、シンちゃんが『(知佐は)怒ると手も出るし、足も出るとよ』と話しとった。喧嘩になるとチーちゃんから殴られたり蹴られたりしとったみたい。そやけんシンちゃんはいつもチーちゃんの顔色を窺っとるようなところがあった」

 ある日、中尾家で夫婦とともに談笑していた時のことだ。

「チーちゃんはすごい潔癖性。家の中も自分で掃除して、いつもピカピカやった。シンちゃんがトイレに行って、大きいほうをするやろ。そしたら必ずシャワーを浴びさせた。トイレから出てきたシンちゃんに『すぐにシャワー浴びてきて!』って命令する。何もそこまでと思ったけど、シンちゃんが文句もいわんと『はい、はい』と素直に浴室に行っとうのを見て、まるで“女王様と奴隷”の関係みたいって思った」

※週刊ポスト2014年7月4日号

【関連記事】

筑後連続変死失踪事件容疑者の女 立場の弱い者集め服従強要

筑後市の殺人リサイクルショップ 客が入りづらい雰囲気だった

福岡連続失踪事件 容疑者が知人に借りた2000万円は既に完済

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。