ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Androidの次期メジャーアップデート版Android “L”リリースにおける変更のポイント(パフォーマンス編)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

GoogleがGoogle I/O 2014で発表したAndroidの次期メジャーアップデート版「Android “L“リリース」のパフォーマンス編です。パフォーマンスに関する変更のポイントは、デフォルトランタイムを切り替えてアプリを高速化したところ、グラフィックス機能の強化したところ、バッテリー消費量の削減につながる機能を導入したところの大きく3つ。アプリのデフォルトランタイム(仮想マシン)が従来の「Dalvik」から「ART」に変更されました。アプリの実行方式を変えたことで、アプリの起動時間の短縮や実行性能の向上、アプリの処理にかかるCPUの利用時間も短縮されることからバッテリーの消費量の低下にも期待できます。64bitアーキテクチャーのCPUをサポート。PC向けのグラフィックスAPIを利用できるようにする「Android Extension Pack」を提供。“Project Volta”と呼ばれるバッテリー消費量の低下とアプリの最適化に役立つツール群・APIを導入。この中には、バッテリーを食っているアプリを特定するのに役立つ“Battery Historian”と呼ばれるツールや“JobScheduler API”と呼ばれるスケジュール用の新APIなどが含まれています。バッテリー消費量を低下させるエンドユーザー向けの機能として、CPUクロックや描画フレームレートを下げたり、バックグラウンドデータをOFFにしたりする“Battery Saverモード”を追加。



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobile D66XX(PM-080X-BV)がドイツで認証を取得、Xperia Z3?
Google I/O 2014で発表されたChromebookの販売国リストに日本が含まれる、Androidと連携する新機能も発表される
Android “L”リリースのDeveloper PreviewがNexus 5とNexus 7(2013)向けに米国時間26日朝リリース予定

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP