体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

さつき が てんこもりに聞く! ひきこもり電波系プロデューサーの『身辺整理』とは

さつき が てんこもりに聞く! ひきこもり電波系プロデューサーの『身辺整理』とは

さつき が てんこもりさん
2012年6月にリリースした1stボーカロイドアルバム『人畜無害』から丸2年。6月25日(水)に2ndアルバム『身辺整理』をリリースした、“電波系プロデューサー”さつき が てんこもりさん。

インターネットを活動の拠点とし、ボーカロイド楽曲の制作をはじめ、アイドルグループ・私立恵比寿中学、TVアニメ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。』などへの楽曲提供のほか、ニコニコ動画の公式番組「ニコラジ」のレギュラーアシスタントを務めるなど、ジャンルを超えた幅広い活躍で注目を集めるアーティストだ。

今回は、そんなさつきさんが持つ独特な感性を探るべく、主にインターネット的な視点から、思うがままに語っていただいた。

つくり終えた瞬間には「もう二度とつくるもんか!」と思う

──2012年6月に発売した『人畜無害』から丸2年ぶりの新作アルバムとなりますが、この2年間、ご自身の中でなにか変化はございましたか?

さつき が てんこもり(以下、さつき) これは聞かれるだろうなあと思って事前に色々考えてみたんですが、実際のところ、僕自身はあまり変わっていないんですよね。

おかげさまで色んなお仕事をやらせていただいていて、その合間にボカロを使って、半ば趣味で好きなようにつくった曲が詰まっているのが、この『身辺整理』になっていると思います。

──作曲や選曲のポイントはどんなところにありますか?

さつき 音はもちろん、歌詞、世界観の構築とか、言葉にギミックを組み込むのが好きなので、そこを楽しんでいただけたらと思います。

選曲については、『人畜無害』以降を網羅する形で全部入れていただいているので、特別な作業はしていません。このアルバムを聴いてもらったら、さつき が てんこもりのこれまでの復習をしていただけますので、ぜひ全国のCDショップでお買い求めください。それで、「こいつ何なんだ?」って思っていただければ光栄です。

【ニコニコ動画】さつき が てんこもり 『身辺整理』 クロスフェード
──『人畜無害』をつくり終えた時から、今回の『身辺整理』の構想はあったのでしょうか?

さつき そういう意識は全くなかったですね。というのも、この2年間に限らずいつもそうなんですが、アルバムや曲をつくり終わった後は「音楽なんて二度とつくらねえ!」って思っているんです。

──ええっ!? それはなぜですか?

さつき だって、音楽をつくるのって、すごく忙しいし、大変じゃないですか。もう嫌になっちゃうんですよね。

それでしばらく何もつくらない時間ができるんですが、基本的に自分のことをダメな人間だと思っているところがあるので、ふと「今までたまたまつくれていただけで、もうできないんじゃないか」っていう、危機感や焦燥感みたいな感覚がやってくるんですね。

怖いから、とりあえず試しにつくってみて「よし、できるじゃん」って思った瞬間には、また「二度とつくるか!」って思う(笑)。ずっとそんな繰り返しです。

──燃え尽き症候群のような。

さつき 近いと思います。

──そういうお話を聞くと、『身辺整理』というアルバムタイトルからは、少し不穏な印象を受けなくもないのですが……。

さつき どうでしょうか! さっきも言いましたが、ボカロのアルバムは二度とつくらないと思ってますからね、今。

──もしかしたら、これが最後のボカロアルバムになるかもしれないと!?

さつき 頼まれても、もうつくりません!

──えええ……(苦笑)。

一話完結型の音楽

──最近のインターネットについて、なにか思うところはありますか?

1 2 3次のページ
KAI-YOU.netの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy