ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【オモシロ間取り】ご近所さんと仲良くなる方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ちょっと変わった間取りの物件をお届けするこの連載。第19回は「ご近所さんと仲良くなる方法」をご紹介しよう。

近年、希薄になりつつあるといわれる「ご近所付き合い」。なかには会っても挨拶すらしないという人も増えていると聞く。しかし一昔前までは、ご近所さんといえば醤油の貸し借りは当たり前の仲。困ったとき、身近に頼れる人がいるのは心強いことである。

「本当はご近所さんと仲良くしたいけど、どのタイミングで話しかけたらいいのかわからない……」という人にオススメなのが上記の物件。共同洗濯機置場があるが、なぜかこの部屋の和室を経由しないとたどり着けない。しかも6帖の和室より広いにも関わらず洗濯機を置く場所は左側に1カ所だけ。つまり住民は1台の洗濯機を順番に使わなくてはならないのだ。

洗濯機を回す時間は乾燥も含めれば、40~50分ほど。その間、ご近所さんが洗濯物を持って現れたときがコミュニケーションをとる絶好のチャンスだ。「いま洗濯機回したばかりなので、待っている間、僕と山手線ゲームしませんか?」などの一言で一気に仲が深まること間違いなしである。なんなら「僕の部屋でお茶でも?」とさりげなく家に誘うのもナイスな手法だ。

洋服とともに、ご近所付き合いの悩みもキレイさっぱり洗いざらしてくれるこの物件。人間関係のモヤモヤで心が曇りがちの人は入居を考えてみてはいかがだろう。

(阿部綾奈/ノオト)

●CHINTAI記事関連リンク
【オモシロ間取り】脱出ゲームハウス
【オモシロ間取り】ジャパン・スピリットな便所
【オモシロ間取り】素材へのこだわり

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP