ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

綾小路きみまろが「夫婦川柳傑作選」発売 夫婦バトル編傑作

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 綾小路きみまろが、爆笑夫婦ネタを五・七・五の川柳にまとめた新刊が発売された。ありそうでなかった川柳+ライブの決定版、題して『きみまろ「夫婦川柳」傑作選』。その中に収録されている、「夫婦バトル」編の傑作を紹介しよう。

 * * *
「女房に なついた犬に 吠えられて」

 皆様、男の幸せとは何なのでしょうか? 会社のために手となり、足となり、クビになり……。会社につながれ、女房につながれ、子供につながれ、ローンにつながれ、最後は点滴につながれる……。家に帰れば、女房になついた犬に吠えられます。

「寝床別 風呂も別々 墓も別」

 今や、風呂もベッドも別々で、「若い人たちって結婚しても別姓を望む女性が増えてるみたい。羨ましいわ」。苗字まで別にしたいと言い出しかねない奥様。「苗字は無理だろ」「じゃあ、お墓は別々にしてね」。

 あ~儚い(墓ない)人生なのです! 次は私の定番ネタです。

「『何食べる?』 聞くだけ聞いて いつものオカズ」

 昔はご主人のために美味しい料理を作っていました。あれから40年! 「毎晩作るのって、メニューの工夫もいるし、大変なのよ。あなたの晩ごはん作るために生きてるんじゃないんだからね!」「ごめん! でも、腹ペコで死にそうなんだ」「わかった、作るわよ。何食べたいの? 肉? 魚? 今日は買ってないの」。聞くだけ聞いて、作ってくれるのは冷蔵庫の残り物での手抜き料理です。

「妻が上 口も態度も 体重も」

「この料理の一体どこにメニューの工夫があるんだよ!」「工夫? してるわよ。できるだけ包丁を使わず、洗い物も出ない工夫!」。言い合いでは奥様には敵いません。

※週刊ポスト2014年7月4日号

【関連記事】

南三陸町 週に一度の川柳大会で苦境を笑い飛ばす試み実行中

男性ボランティア川柳「困ってます 救援物資で 嫁がほしい」

綾小路きみまろ 若い女性と中高年女性の喘ぎ声の違いを語る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。