ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

定額プラン変更 通話だけでなくデータ通信使用量もポイント

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 最近、携帯キャリアが提供する通話定額プランが人気を集めている。NTTドコモの新プラン「カケホーダイ」目当てのユーザーがドコモショップに行列をなし、ソフトバンクも7月1日から始まる新定額プランを発表した。先行したドコモは6月1日のサービス開始から10日間で、新プランの契約者数が300万件を突破。一部で「旧プランより高くなる人もいる」といった話題も多くあるものの、新プランの人気は高いようだ。

 一方で、この新プランでおトクになる人には、特徴がある。わかりやすい例としては「家族で同じキャリアを利用している」「データ通信より通話が多い」といった傾向が挙げられる。しかし、家族それぞれのスマホの使い方にはバラつきがあるため、一概には判断しにくいし、「単身利用」や「データ通信の割合が多い」という人もいるだろう。

 さまざまなメディアでスマホの“おトクになる利用方法”が紹介されているが、改めてドコモの条件を例に、“新プランに移行すべきじゃない人”の条件について、検証してみた。

 ドコモの新プラン「カケホーダイ」と合わせられる通信料金プランは、データSパックの2GBとMパック5GBが上限の2種類がある。一方、旧プランのデータ定額「パケホーダイ」の場合、ライトの3GBとフラットの7GBが上限の2タイプ。容量の大きい方で比較すると、新プラン・Mパックの5GB と旧プラン・フラットの7GBの間に、2GBもの容量差がある。

 スマホをデータ通信で利用する際、多くはSNSやゲームなどを利用するためのアプリがメインだろう。スマホで動画を見過ぎない、といったことに気をつける人も多いだろうが、スマホのデータ通信で見落とされがちなのがアプリそのものの更新、アップデートに必要な通信量だ。Googleの調査によれば、日本人がスマホにインストールしているアプリ数は平均で36。仮にインストールされているアプリ平均数の半分にあたる18のアプリが毎月、自動でアップデートされるとしたら、それだけでもかなりのボリュームになる。

 ちなみにアプリのアップデートにどのくらいの通信量を必要とするのか、主要アプリのいくつかをチェックしてみると、意外と大きいことに驚かされる。使用しているスマホのOSやアプリのバージョンなどによっても異なるが、6月現在、アップデートでFacebookが19.21MB、Twitterでは11.33MB、LINEは29.8MBのデータをダウンロードしている。また、データ保存のために利用している人が多いEvernoteでは、42.7MB――この4つのアプリを更新しただけで、合計すると約0.1GBの通信を行なっているのだ。

 さらに通勤や通学の移動中に楽しんでいる人も多いゲームアプリは、もっと大きなデータを更新時にダウンロードしている。「パズル&ドラゴンズ」は35MB、「モンスターストライク」は41.1MB、クイズRPG「魔法使いと黒猫のウィズ」に至っては、62.1MBとかなりの通信量。しかもゲームアプリはバグ対応などで、アップデートが頻繁になるケースもある。1か月のデータ通信で、容量制限を超えると通信速度が極端に下がったり、追加料金が発生したりすることを考えると、こうした“必要ではあるものの、無意識に使われている”通信量はバカにならない。

 実際に自分が毎月どれくらいデータ通信を行なっているかは、スマホ本体の設定や各携帯キャリアのマイページなどで、簡単に確認することができる。仮に過去数か月の月間データ通信量が5GBを超える場合には、新プランへの変更をするよりも通話料対策――例えば「楽天でんわ」などの通話料を節約するソリューションと組み合わせた方が、トータルでおトクになる可能性が高い。

 実際の利用状況を聞いてみると、通話よりもデータ通信が中心という人は多い。神奈川県に住む大学生の小林さんは、通話定額プランが発表されても、まったく興味を持てなかったという。

「普段、基本的に電話をかけないですから。友人とはLINEでしか連絡を取り合わないし、LINEのIDが分からなくても、他のSNSかメールがあれば充分です。離れて住む家族は違うキャリアを利用しているので、これ以上安くならないでしょうし。電話するのは、お店の予約くらいですかね。就活などで通話する機会が増えるかもしれませんが、頻繁に長時間通話するイメージはないです」

 練馬区在住30代会社員の中島さんも、自分のスマホではあまり通話をしないため、料金プランをすぐに変えることは考えていないという。

「最近は仕事でしか電話をかけないので、通話は会社支給の携帯からですね。たまに友人との連絡で、長電話になる時がありますが、そう多くはないので定額制に変える必要性を感じないんです。個人で持っているスマホはSNSや動画、あとはオンラインゲームや家族との連絡が中心です。

 妻から『一緒にプランを変えた方が、安くなるんじゃないの?』と言われましたが、うちは夫婦そろって通勤中にオンラインゲームやSNSをしているので、もし新プランにして5GBの容量を超えたら通信速度が落ちてゲームが楽しめなくなるし、パケットを追加購入することを考えると1GBあたり1000円は高い。フィーチャーフォンからスマホになって、ゲームやネット利用のウェイトが高いですから、しばらく様子をみることにしています」

 5GBを超える通信量を使う人でも、ほとんど通信量が発生しない家族がいて、通信量をシェアするサービスを活用することで、データ容量を追加購入しても安くなるケースがないわけではない。しかし、データ通信の利用が大きい状態で、通話料金だけを下げるなら、格安になる通話アプリの使用で抑えた方が、トータルで安くなる場合もある。通話定額という言葉に惹かれ、勢いで申し込んでしまう前に、使用状況をよく確認して“安くなるはずだったのに、かえって高くついた”ということがないように、賢くスマホを使いたい。

【関連記事】

格安通話アプリ 楽天でんわ、LINE電話などどれほどおトクか

月額定額980円~でデータ通信使い放題のSIMカードに注目

LINE、Skype…無料通話・メールアプリを駆使してスマホで節約

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP