ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自殺した恋人の兄に告白された32才女性 その心の葛藤を語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 涙にはストレス解消の効果があるという──。32才の女性が、壊れかけていた心を癒してくれた男性のエピソードを告白します。

 * * *
 当時つきあっていた彼は、医学部の6年生。ある夏の日、彼に呼び出されてマンションに行くと、知らない男性が彼の部屋の呼び鈴を鳴らしていました。男性は彼の兄でした。初めて会う彼の身内に、緊張しつつも挨拶をして、合鍵でドアを開けました。先にお兄さんが入り、その後に続いて私も部屋に入ろうとすると、すぐに「入ってはだめだ!!」とお兄さんの厳しい声が。でも、私には見えました。首を吊っている彼の姿が…。

 その後の記憶は曖昧なのですが、警察が来て話を聞かれました。お兄さんはずっと傍にいてくれました。遺書はありませんでしたが、自殺だと判断されたようです。私は無気力になり、仕事も休職することに。

 3日前に会った時には、なんの変わりもありませんでした。もうすぐ医者になれると喜んでいて、悩みがあるようには見えませんでした。私が鈍感だったのでしょうか。彼のSOSに気づいてあげていれば防げたのでしょうか。

 ふさぎ込んでいる私の見舞いに、お兄さんが頻繁に来てくれるようになりました。食事を作ってくれたり、ただ黙って傍にいてくれたり…。お兄さんがいなければ、私の心は壊れていたかもしれません。私はお兄さんに癒されていくと同時に、惹かれていきました。

 彼が亡くなり、そのお兄さんを好きになるなんて…。彼への最大の裏切りです。私はそんな自分が許せず、お兄さんに、もう二度と来ないでほしいとお願いしました。すると、お兄さんは、「きみと会う日にぼくが呼ばれたのは偶然じゃない。弟は、きみをぼくに託したかったんだと思う」と、私を抱きしめながら告白してくれました。

 大切な人が突然消えた恐怖は消えません。だからこそ、今そばにある手を、今度こそしっかりと握っていきたいと思っています。

※女性セブン2014年7月3日号

【関連記事】

47才会社員女性 市原隼人タイプの宅配便配達員にときめく

レンタルお兄さん・お姉さん ニートの親からの依頼が多数

被災地で女性に人気のイケメン自衛官は仲間由紀恵の兄だった 

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。