体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

さかいゆう、東京駅とコラボした短編アニメをフル尺で公開

さかいゆう、東京駅とコラボした短編アニメをフル尺で公開

さかいゆうオフィシャルサイトにて、開業100年目を迎える東京駅とコラボレーションした、短編アニメーション「時季(とき)は巡る~TOKYO STATION~」フルバージョンが公開された。

100年の歴史ある東京駅のさまざまな魅力を伝える今回の短編アニメーションはA-1Picturesが制作しており、東京駅を舞台にした「時間を超えた家族愛」をテーマに、全篇に渡り、さかいゆうの楽曲「時季(とき)は巡る」(3rd AL「Coming Up Roses」に収録)が起用された作品となる。

2014年3月末に30秒予告編を公開し、WEBを中心に話題を呼んでいたが、今回のフルバージョン公開に、主人公美咲役の声優・吉田聖子は「完成版を観た時、絵と曲のシナリオの素晴らしさに涙しました。感情的にならないよう、必死に堪えましたが、それくらい、引き込まれてしまいます。大切な人に自分の思いを伝えることの大事さを、改めて感じた作品でした。さかいゆうさんの『時季(とき)は巡る』という曲は繊細で想いがストレートに響くなぁと。自分だけが、孤独じゃない…辛い哀しみを背負ってるわけじゃないんだと励まされました。美咲と境遇は違いますが、私も小さい時、家族と離れ離れになり、その時、伝えられなかった家族への感謝の気持ちを、美咲に重ねて、精一杯想いを込めました。観ている方の心に、届いて下されば幸いです」と語っている。

また、今回のアニメーションはさかいゆう「時季(とき)は巡る」のミュージック・ビデオとして、WEBやCS各局でのオンエアも決まっており、加えて、英語・中国語(繁体語)・タイ語の字幕入りバージョンも公開され、海外での盛り上がりも期待されている。

さかいゆうは2014年1月に発売されたニュー・アルバム「Coming Up Roses」がオリコンデイリーチャート自身最高の5位を獲得し、ロング・ヒット。ニュー・アルバムを携えた全国バンドツアーも大成功におさめ、ツアーファイナル東京・渋谷公会堂公演にて、キャリア初のEP盤「サマー・アゲインEP」が9月3日に発売されること、また9月から弾き語りツアー「ONLY YU #4」、11月には東京・大阪でデビュー5周年記念スペシャル・ライブが開催されることが発表された。6月15日23:00~7月6日23:59の期間、さかいゆうのウェブサイトにてチケット先行予約を受け付けている。

また、EP盤「サマー・アゲインEP」には新曲3曲をはじめ「時季(とき)は巡る」の別バージョンが収録される。

アニメ「時季(とき)は巡る~TOKYO STATION~」フルバージョン公開に向けて関係各位コメント

主人公・美咲役 声優・吉田聖子
完成版を観た時、絵と曲のシナリオの素晴らしさに涙しました。
感情的にならないよう、必死に堪えましたが、それくらい、引き込まれてしまいます。
大切な人に自分の思いを伝えることの大事さを、改めて感じた作品でした。
さかいゆうさんの「時季(とき)は巡る」という曲は繊細で想いがストレートに響くなぁと。
自分だけが、孤独じゃない…
辛い哀しみを背負ってるわけじゃないんだと励まされました。
美咲と境遇は違いますが、私も小さい時、家族と離れ離れになり、その時、伝えられなかった家族への感謝の気持ちを、美咲に重ねて、精一杯想いを込めました。
観ている方の心に、届いて下されば幸いです。

演出 ヤマトナオミチ
さかいゆうさんの楽曲と松本淳さんのコンテ、各スタッフのおかげで心が暖かくなる作品が完成致しました
自分が故郷から出てくる時必ず使用する東京駅、過去と現在が入り混じる映像に美咲と一緒に東京駅を巡って頂けると嬉しいです。

キャラクターデザイン・作画監督 近藤圭一
今回この作品に参加するにあたって、絵を描き進めながら何度か東京駅を見に行きました。
今まで東京駅を利用した事はあったけれど、描く為に観察してみると駅構内を歩く人達の表情、駅舎やホームの独特な形など、あらためて気付く事が色々ありました。
映像を観た人にその東京駅の雰囲気が伝わればいいなと思っています。

時季(とき)は巡る~TOKYO STATION~特設サイト
http://www.tokyostationcity.com/special/tokihameguru/

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy