ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ガンやうつ…未認可の新薬をいち早く試せるサービスが実現

DATE:
  • ガジェット通信を≫

医療業界では日々、新たな薬の開発が進められているが、新薬が実際に一般使用可能になるには、長い時間がかかる。進行が早く、致死に至る可能性もあるような病気の場合、患者としては、一刻も早く新薬を試してみたいと思うかもしれない。

そんな患者たちの切なる願いを実現してくれるのが、オランダ発の「myTomorrows」というサービスである。患者と医師、製薬会社をつなぎ、まだ完全に認可を受けていない薬の情報に、いち早くユーザーがアクセスすることができるようになり、治療に用いる可能性を開いてくれるプラットフォームだ。

まず患者たちは、「myTomorrows」で自分の病気や症状を登録しておく。そしてもし、病名や症状の治療法に合致する新薬とマッチングした場合、ユーザーに知らせてくれる。患者は医師に働きかけ、新薬の投与について検討したり、新薬の臨床実験に自らの意志で参加するようなことが可能になる。

「myTomorrows」では現在のところ、マッチングが成立した場合のみ、手数料を徴収するという仕組みをとっている。もちろん、未認可の新薬にはリスクが伴うが、通常だと、認可され一般利用できるようになるまで3~8年ほどもかかるところ、それよりずっと早く、新薬を試してみることができるわけだ。

ガンやうつのようなすばやい治療が必要な患者たちにとって、自分の治療について、積極的な治療を自ら選択する道を開いてくれることの意味は非常に大きいだろう。

myTomorrows

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP