ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTコム、「OCN モバイル ONE プリペイド」の新ラインアップ「期間型20日間タイプ」と「容量型1GBタイプ」、訪日外国人向けの「Prepaid SIM for VISITOR」を発売開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTTコミュニケーションズは6月25日、同社のプリペイド型モバイルデータ通信サービス「OCN モバイル ONE プリペイド」の新ラインアップ3製品を発表しました。今回発表された新ラインアップは、1日50MBのデータ通信を2,800円で20日間利用できる「期間型20日間タイプ」、容量1GBを3,200円で利用できる「容量型1GBタイプ」、そして、訪日する旅行者やビジネスマン向けに事前に申し込んで空港で受け取れる14日間の期間型SIMカード「OCN mobile ONE Prepaid SIM for VISITOR」です。各製品にはSIMカードが同梱しており、「期間型20日間タイプ」と「容量型1GBタイプ」では、期間や容量を超過しても期間延長・容量追加パッケージを別途購入することで、SIMカードの変更せずに継続して利用することができます。期間延長パッケージは2,200円で50日間延長される「50日間延長」、容量追加パッケージは2,000円で1GB使える「1GB追加」の2種類です。なお、購入したプリペイドサービスを継続して利用したい場合は、別途申込みを行なうことでSIMカードを変更せずに月額制の「OCN モバイル ONE」に切り替えることもできます。OCN モバイル ONEプリペイドの新ラインナップは、NTTコムストア、Amazon.co.jp、goo SimSeller本店、ヨドバシカメラ、ドスパラ(モバイル館)、エディオンで購入できます。SIMカードの規格は標準、micro SIM、nano SIMから選択できます。訪日旅行者・ビジネスマン向けの「OCN mobile ONE Prepaid SIM for VISITOR」は、3,500円で14日間(100MB/日、超過後は上下200Kbps)のデータ通信を利用できるSIMカードです。出国前にNTT Com Storeで注文し、空港内郵便局(成田空港第1ターミナル、成田空港第2ターミナル、羽田空港、関西空港、中部空港セントレア、新千歳空港、福岡空港、鹿児島空港、那覇空港)で受け取ることが可能。到着後でも、成田 エクセルホテル東急や空港のエクスコムグローバルの空港カウンター(羽田空港、成田空港第1ターミナル、成田空港第2ターミナル、関西空港、中部空港セントレア)で購入できます。Source : NTTコミュニケーションズ



(juggly.cn)記事関連リンク
これがAndroid 5.0(Lollipop)の新しい通知・QuickSettingsパネル?
Paranoid Android 4.4がAndroid 4.4.4バージョンされ安定版に昇格
Galaxy Note 4の発売時期はIFA 2014イベント直後?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP