ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本一歌が上手いホストが決定、横浜のホスト・八九寺月兎!「十八番はレイニーブルー」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

夜の世界でバリバリ働く男たちといえば、毎晩女性客を”おもてなし”するホストだ。彼らは、店のナンバーワンになるためならどんな努力も惜しまずに頑張って働く。お客さんを楽しませるため自分の歌声を披露することもあり、上手に歌うための努力も欠かさない。
そんな、夜の世界で活躍するホストたちが全国から集まり、歌の上手さを競って日本一を決めるカラオケ大会、その名も「全日本ホスト歌がうまい王座決定戦」の決勝戦が、6月19日、東京・新宿のイベントホールFACEで開催された。

昨年、初めて開催した同大会。北海道や名古屋など全国各地で予選が行われ、そこで勝ち抜いたホストだけが、当日の決勝戦に参加できる資格を得られる。

2回目の今年は1万人以上のホストがエントリーし、決勝戦の切符を手に入れたのはたったの81人。参加者はAからEの5つのブロックに割り振られ、自分の得意とする曲をワンコーラスずつ歌って得点を競った。各ブロックの上位2人が次へ勝ち進むことができ、合計10人で優勝決定戦を行った。

見事、全国1万人の頂点に立ったのは、横浜のホストクラブ『Reysol』に勤務する八九寺月兎(ハチクジツキト)さん。予選ではEXILEの「運命のヒト」を歌い上げ、決勝戦では徳永英明の「ハナミズキ」を熱唱。その結果、見事優勝トロフィーを獲得。

八九寺さんは、この春、新潟から横浜に拠点を移し、ホストクラブに勤務しながら歌手を目指している。徳永英明が好きらしく、「カラオケではよくレイニーブルーを歌います」と話した。

そんな八九寺さんはどれくらい勤務しているのだろう。歌が上手いだけあって、バリバリ働いているのか。「週6日、朝まで働いています」(八九寺さん)とコメント。予想通り、八九寺さんはバリバリ働いていた!

なお、この「全日本ホスト歌がうまい王座決定戦」は来年も開催されるとのこと。次回はどんな”夜のハードワーカー”が優勝トロフィーを獲得するのか、今から注目したい大会だ。

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP