ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「カルピスサワー」生誕20周年!中身も外見も実はいろいろ変わってた!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

愛され続けて20年。スイート缶チューハイの定番「カルピスサワー」が、今年で20周年を迎えるという。

「カルピスサワー」ブランドは1994年に誕生、今年発売20周年を迎えるロングセラーブランドだ。90年受け継いできた乳酸菌から生まれた「カルピス」の甘ずっぱさと、ほどよいアルコール感に仕上げた味わい、「カルピス」由来の誰しもが飲んだことのある、慣れ親しんだおいしさが、皆から愛され続ける理由だ。

実は誕生時と今とでは、中身も外見もずいぶん変わっている「カルピスサワー」。まずは2002年に大幅リニューアルを行い、2003年からウォッカを使用、さらに2011年にはアルコール度数を5%から3%に変更し、2013年にまたも中身を大幅変更――とその時代時代にあった改良を柔軟に行ってきた。
また缶のデザインもこの20年の間にいろいろと変わっており、デザインだけでなく、お酒マークを大きくして未成年飲酒防止を強く打ち出す姿勢も見せている。

そんなカルピスサワーが、生誕20周年を記念して、「カルピスサワー3缶セット」が1000名に当たるプレゼントキャンペーンを行っている。応募期間は7月14日まで。キャンペーンサイトから応募でき、当選者には「カルピスサワー」、「カルピスサワー」ぶどう、「カルピスサワー」完熟マンゴー、の3種類がセットになって自宅まで届くそうだ。こちら「お酒」なので、満20歳以上の人のみ応募可能となっているので、そこだけご注意を。期間限定「カルピスサワー」白桃味も好評発売中だ。

【参照リンク】
・カルピスサワー 20周年キャンペーン
http://www.asahibeer.co.jp/calpissour/cp/140617-140714/ 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP