ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Google、Google Glass Explorer EditionのRAMを2GBに倍増、新機能も追加

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Googleがメガネ型ARデバイス「Google Glas Explorer Edition」の改良版を作成したことをGoogle+を通じて発表しました。Googleの発表によると、新型ではRAM容量が現行の1GBから2GBに倍増しており、さらに多くのGlasswareを起動できるようになったほか、アプリの切り替えもより滑らかになったと言われています。新型では出荷状態で新しいファームウェアを搭載しているそうですね。そのファームウェアでは、カメラのプレビュー機能に対応しており、“ok glass, show the viewfinder”と言うとGlassのスクリーン四隅にL型の枠が表示されるので、構図を確認して撮影を行うことができます。また、Google Nowのカード通知機能に、どこに車を停めたのかを通知するカードと荷物がいつ指定の住所に届くのかを通知するカードが追加されているそうです。機能に関する部分は現行モデルにも提供されると思います。Glassの2GBモデルは現在出荷中とのことです。現行モデルとの交換プログラムについては案内されていないので、最近Glassを購入した方にだけ提供しているものと思われます。Source : Google+



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、ストラップをイヤホンジャックに装着できる「タッチペン伸縮タイプ」を発売
Moto X+1はGoogle I/O 2014で発表? 新たなプレス画像が流出
トヨタやパナソニック、パイオニアなどがGoogle主導のOAA入り?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。