ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国で「日本の歴代首相に小便トイレ」 個室には天皇写真も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 中国軍戦闘機による自衛隊機への異常接近が問題になる中、さらなる日中間の火種になりかねない「発射」問題を発見した。強いアンモニア臭がツンと鼻腔を刺激する、とある薄暗い男子トイレ。そこに中国人男性たちが次々と現われ、勢いよく尿を「発射」させた先にあるのは、日本の歴代首相の写真と名前だ。

 場所は南京市から南西に50km、安徽省の田舎町にあるフードコート「新食尚美食広場」の一角。トイレの入り口にはなぜか「靖国神社」の文字が掲げられ、脇に一方的な解説が長々と書かれている。

「尖閣は日本が盗んだと思われても仕方がない」と媚を売った親中派の鳩山由紀夫元首相も、標的にされお気の毒。小便を終えた50代男性に声を掛けると「こいつらにションベンかけてやると気分いいよ、ハハハ!」と勝ち誇った笑顔で応えてくれた。

 さらに大便器のある個室のドアには、明治、大正、昭和天皇の名前と写真が張られているから不敬極まりない。

 トイレの壁には「尖閣は中国のもの!蒼井そら(注:中国人に人気のAV女優)は世界みんなのもの!」と書かれている。店のスタッフによると「トイレ目当てでやって来る客が多いからありがたい」というが、いやはや、品のない幼稚なやり口は勘弁してほしいものだ。

撮影■西谷格

※週刊ポスト2014年7月4日号

【関連記事】

中国の祭り 捕らえられた日本兵の提灯を笑顔で小突く地元民

中国で「釣魚島、中国的!」と書かれた“反日マスク”が登場

愛人に13秒で果てる姿晒された中国汚職官僚へ13年の実刑判決

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。