ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

W杯放送で盛り上がるNHK 局内では杉浦派、廣瀬派で議論に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 連日の熱戦が続くW杯。高視聴率が確実な試合中継やサッカー特番でいちばん盛り上がっているのがNHKだ。初戦コートジボワール戦の中継は平均視聴率46.6%、最高瞬間視聴率50.8%を記録した。決勝戦もNHK総合が放送予定だ。

 中継数が多いだけに、女子アナへの注目度も段違い。サッカーファンの人気を二分しているのが「女子アナ界ナンバーワンの巨乳」として知られる杉浦友紀アナ(31)と、「ニュースウオッチ9」のスポーツ担当・廣瀬智美アナ(32)だ。

 杉浦アナのバストはまさに「サッカーボール級」といって過言ではない。

「国内の日本代表の試合の取材で、杉浦アナは新しい代表ユニフォームを着込んで観戦していたのですが、韓国から“旭日旗を思わせる”といちゃもんが飛んだ放射状の模様が、胸の部分だけあり得ない角度に屈折していた(笑い)。いけないとは思いつつも、見入ってしまいました」(他局のスポーツ番組スタッフ)

 杉浦アナはそのプロポーションから週刊誌などでもおなじみの存在だったが、ここに来て「あんな美人がいたのか!」(都内の40代会社員)と評判なのが廣瀬アナだ。

「ニュースウオッチ9」を観られない忙しいサラリーマン諸氏が、W杯関連番組でその魅力に気づき始め、「クールなキツネ顔にスレンダーなスタイルが何ともたまらない」(前出・会社員)と人気急上昇なのである。

 実は廣瀬アナ、すでに「人妻」である。2012年11月に、テレビ東京でスポーツ番組を多く担当する増田和也アナと結婚。杉浦アナとはタイプの違う大人の色香は、そのせいもあるようだ。

「廣瀬アナは勉強家。自分のサッカーに対する知識はまだまだ足りないと自覚しているようで、ダンナに根掘り葉掘りスポーツの質問をして困らせているらしい。

 確かに、サッカーは詳しいファンが多いから、見当違いのコメントをすればすぐネットで叩かれてしまう。彼女も少なからず批判されているが、反省して勉強している姿をよく見かけますよ。

 局内でも杉浦アナと廣瀬アナは人気を二分していて、飲み会だと“俺は杉浦派”“いや廣瀬だろう”と議論になる(笑い)。どっちかというと年配社員は廣瀬ファンが多いかな。本人たちも歳が近いから意識し合ってるんじゃないか」(NHK局員)

※週刊ポスト2014年7月4日号

【関連記事】

NHK杉浦友紀アナ「山岸舞彩ほどの“露出”望めない」との声も

山岸舞彩アナの穴埋める杉浦友紀に「福井のスイカップ」の評

NHK社員アナ史上最高説の杉浦友紀 「出る胸打たれる」の声

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。