ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エセックス大学のモデル志望の女子大生が奨学金170万円全額を整形代に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

本来学費の足しにと支給されるのが奨学金だが、これをすべて整形代に費やしてしまったある女子大生が話題となっている。

イギリスの教育システムでは、大学に入ると政府による学生ローンに申請でき、ローンを組んだ場合、その後25年間で返済していく仕組み。

エセックス大学英文学部を卒業したばかりのカテリーナ・クリストドウロウさん(21)も漏れなくこのローンを申請したのだが、彼女はこのお金を学費ではなく整形費用に使ったというから凄い。お尻や膝、太ももの整形に、奨学金17,000ドル(約170万円)を費やし、豊胸手術に関しては、当時の恋人に”協賛”してもらったとか。

肝心の学費はどうしたの?と思うかもしれないが、学費のほうは普通に両親が払っていたそうで、そのため奨学金をまるまる整形に使えたそう。カテリーナさんいわく、奨学金を支給された時は、家の頭金に使おうか一瞬迷ったそうだが、結局整形代に使うことにしたんだそうだ。モデル志望なので、自己投資を優先したというところだろうか。

彼女の選択に対し、ネット上では、

「夢が叶うといいね」との好意的な声もあるが、

「170万円かけてこれ??」
「キレイかもしれないけどファッションモデルで成功は厳しそう…」
「貯金にまわしたほうが賢明だったな」

など厳しい意見も聞こえている模様。

とはいえ本人は、世間が何を言おうとまったく気にしていないようで、次は鼻のお直しを考えているそうだ。

【参照リンク】
・This Woman Spent $17,000 In Student Loans On Plastic Surgery So She Could Become A Model
http://www.buzzfeed.com/ryanhatesthis/woman-spent-17000-in-student-loans-on-plastic-surgery 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP