ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

変化するポップカルチャーを整理! 『視覚文化「超」講義』刊行

DATE:
  • ガジェット通信を≫


『視覚文化「超」講義』書影/画像はフィルムアート社公式サイトより
批評家・石岡良治さんの著書『視覚文化「超」講義』が、6月26日(水)に刊行される。

同書は映画、ゲーム、アニメ、PV、アート、CG、マンガといったあらゆる視覚文化を、ハイカルチャーとポップカルチャーの枠組みを超えて語られた一冊。

全部で5章から構成されており、「カルチャー/情報過多」、「ノスタルジア/消費」、「ナラティヴ/ヴィジュアル」、「ホビー/遊戯性」、「メディエーション/ファンコミュニティ」というテーマについて論じられている。

表紙のイラストを描いているのは、John Hathwayさん。John Hathwayさんは、オタクカルチャー発信サイト「Tokyo Otaku Mode」のカバー写真や、サークル「JH科学」を主催するなど、世界中から支持を得ているイラストレーターだ。

めまぐるしく変化する文化を紐解く

石岡良治さんは、マンガやアニメ、映画など、映像に関するカルチャーに見識の高い批評家として知られている。評論家・宇野常寛さんが主宰する雑誌『PLANETS』などに寄稿するほか、同誌のニコニコチャンネル「PLANETSチャンネル」では「石岡良治の最強☆自宅警備」という人気コーナーを担当。

本作では、そんな石岡さんが現代日本におけるカルチャーや、動画の時代は何を変えたか、ファンコミュニティの再編など、めまぐるしく変化し続ける様々な文化について紐解いていく。

また巻末には、哲学者・國分功一郎さんとの特別対談「國分功一郎×石岡良治 新しい時代のための、視覚文化をめぐる哲学」が掲載。

國分さんは、2011年に刊行された著書『暇と退屈の倫理学』で、人文書ながらベストセラーとなり一躍話題を集めた。

刊行に際して、國分さんと宇野さんから、以下のようなコメントが寄せられている。

「文化の民主化」が徹底されつつある今、まさに必読の書が現れた。國分功一郎さん(巻末特別対談より)

伝説の男が、「日本最強の自宅警備員」と呼ばれるあの男がついにその重い腰を上げた……!本書をもって世界は知ることになるだろう、本物の知性と本物の情熱の存在を。そして、石岡良治氏だけが両者をあわせもつことを。宇野常寛さん

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP