ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

こだわりハンパない! 驚きのおいしさを奏でる自家製ジェラート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今回ご紹介するのは、恵比寿駅から徒歩3分ほどに位置するイタリアンレストラン『LA SIRENETTA(ラ・シレネッタ)』。

今月オープンしたばかりの新しいお店ですが、こちらで提供されるチョコレートメニューがすごいこだわりなのです!

カカオ豆からつくる本格スイーツ

まるでイタリアのリゾート地を思わせる、穏やかな空気が流れるお店。

注目したいのは、イタリアンレストランでありながら、カカオ豆からチョコレートをつくれる専用工房を併設しているんです。

チョコレート専門店でもカカオ豆から手掛けるお店はほんのわずか。ここからもチョコレートに力を入れていることが伝わってきますね。

まずいただいたのは「ビッキェーレ」。見た目もかわいいですね。

こちらはチョコレートパフェのようなもので、構成を見ていくと、2種類のチョコレートジェラート、オレンジのチュイール、自家製プラリネ、ヘーゼルナッツアイス、ミルクジェラート、ブラウニー、クッキーなど…とにかく盛りだくさん!

しかもひとつひとつがすべて手づくり。職人の技が冴える贅沢な逸品です。

2種類のカカオのハーモニー「チョコレートジェラート」

なかでもチョコレートジェラートは驚きのおいしさ。コロンビア産カカオを使用した部分は、まるでフルーツそのものを食べているような爽やかさ。さっぱりしていてジューシー。

もうひとつはベトナム産カカオを使用。こちらは濃厚でマイルド。とってもフレッシュでカカオがいきいきしてます。カカオ豆からつくってこそ出せる味わいですね。

今回紹介した「ビッキェーレ」は、カフェタイム(13:00〜17:00)でのみ提供されています。

軽くごはんを食べた後の贅沢なデザートに、また単品でもボリュームがあるのでこれを目当てに行ってもいいですね。

ほかにも自家製チョコレートのプレートもあるので、チョコレート好きな方はぜひ行ってみてください。

■ あわせて読みたい
まるで60’sシネマのよう! いるだけで画になりそうな「マグノリアベーカリー」
暑い季節にこそ食べたい! カクテルをイメージした夏のショコラ
チョコで異国へトリップ! 癖になる斬新フレーバー
偉人も愛した? パリで最も古い歴史を持つチョコレート
ココロが豊かになる。美術館&カフェで過ごす贅沢な1日
月曜はビタミン注入! 曜日で楽しむボンボンショコラ
食べるほど元気に! 栄養素たっぷりの優しいローチョコレート

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP