ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

呼吸をモニターしてストレスレベルをチェックできるガジェットがプレオーダー受け付け中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Spireヨガや瞑想をしている時ならともかく、日常生活で呼吸に注意を払うということは少ないのではないだろうか。しかし、ストレスを感じたり、集中力に欠いたりしているときは、無呼吸になったり呼吸が浅くなったりするらしい。

このほどプレオーダーを開始した「Spire」は呼吸をモニターすることで、ストレスや集中力がどういった状態にあるのかをチェックし、表示されたアドバイスに基づいてストレス軽減を図るというガジェットだ。呼吸を整えることで集中力ひいては生産性を高め、また健康維持に役立つのだという。

Spireはベルトや衣服の衿などにクリップでとめて利用する。吸って吐いてという呼吸の早さや深さ、スムーズさなどをセンサーがとらえる。そうしたデータはBluetoothで連携するスマホのアプリに送られ、分析される。

もし呼吸が乱れると「緊張しているみたい。深呼吸して」などとリラックスを促し、呼吸が整うと「あなたは今、集中した状態です」と表示される。

ストレスレベルを測定するガジェットはいくつかあるが、それらは心拍に基づくタイプがほとんど。しかしSpire開発者によると、呼吸の方がより正確にストレスを測れるのだという。確かにヨガや瞑想では呼吸を重視していて、呼吸をコントロールすることで心身のリラックスを得る。

メーンの機能は呼吸チェックだが、そのほかに歩数や活動量、睡眠などもモニターできる。

現在受け付けているプレオーダーでの価格は119ドルで、小売価格は149ドルを予定している。

Spire

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。