ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

田原俊彦 横須賀生まれでも「山梨県甲府市出身」と語る理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 デビュー35周年を迎えた田原俊彦(53)。6月25日に新曲『LOVE&DREAM feat.SKY-HI/Bonita』を発売。レギュラー出演中の『爆報!THEフライデー』(TBS系)に加え、他番組へゲストで登場する機会も増えている。

 田原がメディアに出演する際、出身地は山梨県甲府市と記載される。だが、実際に生まれたのは神奈川県横須賀市だ。テレビ局関係者はこう話す。

「ある番組で、田原さんに出演してもらうとき、“神奈川県横須賀市出身”とパネルに書きました。すると、田原さんサイドから『“山梨県甲府市出身”でお願いします』と言われたことがありました。たしかに横須賀で生まれたけど、甲府で育ったという感謝の気持ちがあるようです」

 横須賀で生まれた田原は小学1年生のときに、教師だった父親を亡くし、母親の実家である山梨県甲府市へと住居を変えている。長男だった田原には、姉が2人、妹が1人おり、母親はひとりで4人の子供を育てなければならなかった。昭和40年代、女性がひとりで家庭を養うには、相当な苦労があったことだろう。

 母親の苦労を目の当たりにし、新聞配達もしていた田原は、「楽をさせてあげたい」という一心で芸能界に飛び込む。1979年、ドラマ『3年B組金八先生』(TBS系)に沢村正治役で出演すると、人気に火がついた。翌年には、『哀愁でいと』で歌手デビューを果たし、瞬く間に大スターに。売れっ子となった田原は、デビュー3年で、母親のためにマンションを購入した。ある芸能記者はこう話す。

「あらゆる意味で豊かになった現代では、貧しさを解消するために芸能界を目指すタレントは、ほとんどいなくなったように思います。そういう意味でも、田原は古き良き芸能人。仕事への心意気が違うし、辛い少年時代があったからこそ、ジャニーズ事務所からの独立以降の、苦境の時代も乗り越えられたのでしょう」

“山梨県甲府市出身”と名乗るのは、当時の思いを忘れないためだという話もある。

「一般的に、『山梨=田舎』『横須賀=洗練された都会』というイメージがあるのではないかと思います。それでも、田原さんは頑なに甲府市出身という表記にこだわる。その裏には、山梨県甲府市に育ててもらったという感謝の気持ち、自分の苦労時代を忘れないというハングリー精神が隠されているのではないでしょうか」(同前)

 神奈川県横須賀市ではなく、あえて山梨県甲府市を前面に押し出す姿勢に、田原俊彦の人間性が垣間見えるような気がする。

【関連記事】

窪塚洋介 横須賀“ダイブ”マンションを差し押さえられていた

山梨に当せん金総額35億円宝くじ売り場 88歳女性が女神

秋の紅葉見頃時期 日光東照宮・輪王寺、箱根芦ノ湖等9か所

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP