ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

がん保険 初期ガン対象外病歴告知不備で保険金出ない例も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 生涯のうちにがんに罹患する割合は、男性で60%、女性で40%にのぼり、がん罹患者数は年々増え続けている。一方で治療や検査技術の進歩により、がん患者の5年生存率は50%を超えた。そうした現状で、がんにかかった後も働き続けることは、がん患者にとって極めて重要な問題になっている。

 がんになった時への備えとして、がん保険に加入している人は多いだろう。だが、そこには意外な落とし穴があるのだ。がんになり、支払われると思っていた保険金が支払われないケースが報告されている。

 A子さん(42才・主婦)の夫(45才)は人間ドックで肺がんが見つかった。幸い、初期の段階だったが、抗がん剤治療のために会社を退職。当面の生活資金としてあてにしたのが、退職金と長年かけ続けてきたがん保険だった。

「入院1日につき1万円と、がんと診断された段階で一時金が100万円もらえるはずでした。『ああ、がん保険に入っておいてよかった』と思いましたよ。ところが、保険会社の人は『保障の対象外なので保険金は払えない』と言うんです」(A子さん)

 夫のがんは「上皮内新生物」と呼ばれるごく初期のがんで、たしかに保険会社の担当者が約款で指し示した場所には、「対象外」とあった。

「だけど、保険に加入した時は、そんな説明は一切されていなかったはず。あんな小さな字で書かれていても、気づくはずがありません」(A子さん)

 保険金が支払われないケースは他にもある。ファイナンシャル・プランナーの恩田雅之さんが解説する。

「がん保険には免責期間が90日間あり、保険に加入してから91日以上たたないと、がんと診断されても保障を受けられません。また、最初の病歴告知が間違っていると、後で保険金が出ない場合があるので、病歴告知は正確にしておく必要があります」

 実際に「告知義務違反」と指摘され、保険金が給付されなかったと話すのは、Bさん(50才・男性)だ。胃がんになり、入院して切除手術を受けたが、給付金を受け取ろうと保険会社に書類を提出すると、

「担当者に『過去に胃潰瘍で受診し、薬を処方されたことがありますね』と言われました。大した症状じゃなかったし、書く必要はないと思っていたんですが…。『だったら、加入する時にそういってくれ』と反論しましたが、担当者は『あなたの落ち度』の一点張り。結局、契約解除になって保険金はまったくもらえませんでした。これまで払ってきた保険金も戻らず、本当に泣くに泣けませんでしたよ」(Bさん)

 加入時の申告ではごく簡単な質問しかないのに、いざ保険金を給付する時になって厳しく審査されるというケースは少なくないのだ。保険によっては入院しなければ保険金が出ないもの、再発したがんには保険金が出ないものもある。

「これだけ多くの人ががんになる時代で、がん保険が破綻せずに成り立っているのは、“がんになっても保険金を払わない”カラクリがいろいろあるからなんですね…」

※女性セブン2014年7月3日号

【関連記事】

先進医療特約加入者 保険金もらえるのは「1万人に1人未満」

地震保険 支払い総額は1兆円規模になるとの予測

地震保険の加入者激増 申し込みが通常の約30倍の保険会社も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP