体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Spotify CEOが語る「音楽とストリーミングの未来」

Spotify CEOが語る「音楽とストリーミングの未来」

posted by Jay Kogami

SpotifyのCEOダニエル・エク、米インタビュー番組で音楽とストリーミングの未来を語る

定額制音楽ストリーミングサービスSpotifyのCEO、ダニエル・エク(Daniel Ek)がアメリカで人気のインタビュー番組「チャーリー・ローズ」に出演し、司会でインタビュアーのチャーリー・ローズとSpotifyや現代の音楽ビジネスについて議論を交わしています。

ダニエル・エクは番組では「ヨーロッパ最高のデジタル・インフルエンサー」(Wired.co.uk)と紹介され、オンエアされた20分強のインタビューの中でエクは、Spotifyの基本的な理念やあり方、Spotifyの現在と未来、競合企業やストリーミングサービスについての考え、さらにはIPOや中国についてまでも答えています。

チャーリー・ローズはアメリカでも著名なインタビュアーであり、特にビジネス界で影響力のある経営者や起業家の多くがこれまで彼の番組に出演しインタビューを受けています。ことし3月にはソフトバングの孫正義CEOも登場しています。

去年、今年になってダニエル・エクCEOがメディアに露出する回数が増えてきましたが、チャーリー・ローズほど長時間インタビューに出ることはおそらく今回が初めてになります。またこれは、一般的なメディアからも音楽ストリーミングとSpotifyに注目と関心が高まってきている証拠でしょう。日本でもSpotifyが注目を集めているように聴かれますが、実際には一部の音楽界隈やテクノロジー業界で騒がれているだけで、一般的な認知はまだまだ低いままです。日本での開始が噂されるSpotifyですが、本当の意味で開始するためには、音楽業界でもりあがるだけでなく、より幅広い層に訴えかけるPRが必要になっていくでしょう。

今回はインタビューから気になる点を抜き出し抄訳でご紹介します。Spotifyがどのようなサービスでどこに向かっているのか、そして何が他社と違うのかが、少しでも見えてくれば嬉しいです。

●音楽業界はかつて450億ドルの価値があった。今はおそらく150億ドルほどでしょう。10年前と比べて約1/3のサイズになってしまった。

●僕の場合、音楽への情熱と、テクノロジーを融合させることに興味がありました。

Q. Spotifyとは何ですか?

Spotifyは世界の音楽を持ち寄り、いつでもどこでもどんなデバイスでも聴けるようにしてくれます。

Spotifyは2つの領域でのイノベーションです。1つは製品サイド。もう1つはビジネスサイドです。

Spotify以前は皆がサブスクリプション・ビジネスのコンセプトを語るだけで、消費者目線で考えたことはなかった。これがビジネス観点でのイノベーションです。なぜなら昔は海賊サイトが猛威を振るっていたけれど、それに対抗するアーティストと音楽業界のためのビジネスモデルが存在していなかったからです。

僕たちには2つの課題を解決する必要があった。1つは海賊サイトよりも良い製品を作ること。2つ目はミュージシャンや音楽業界が恩恵を受けられるビジネスモデルを作ることでした。

Spotifyの核はフリーミアムモデルです。このモデルは議論の的にもなっています。なぜなら僕らはみんなに「音楽にフリーでアクセスできますよー」といっているようなものだからです。ですが私たちは人々は音楽を聴きはじめるともっと聴きたくなる衝動に駆られ、そうなった時に広告を消したりオフラインでアクセスができるようにするなど追加のメリットが欲しくなると信じていました。

Q. あなたはiTunesキラーですか?

僕はそんなふうにSpotifyを見ていません。海賊サイトキラーにはなりたいですね。

Q. なぜダウンロードの代わりに、毎月10ドルを音楽サービスに支払うべきなのでしょうか?

1 2 3次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。