ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2014グラミー受賞の日本人レコーディングエンジニア Sadaharu Yagi 登場のトークイベント開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2014年度グラミー賞受賞レコーディングエンジニアのSadaharu Yagi氏とOTOTOY代表の竹中直純氏、「Sound&Recording」編集長の國崎晋氏を迎え、技術という側面から見た音楽の未来を考える講座「エンジニアリングは音楽に何を与えるのか?」が、7月4日に2.5Dで開催決定した。

アートであると同時にテクノロジーでもある音楽。同講座では音楽を巡るテクノロジー、そしてそれを支えるエンジニアリングに注目し、音楽の未来を考える濃厚な60分のトークセッションをお届けする。

音楽を音源として固定化するレコーディングという観点からは米国在住の日本人サウンドエンジニアSadaharu Yagi氏が登場。Yagiは2014年グラミー賞(ラテン・ポップ・アルバム部門)を受賞したDraco Rosaのアルバム「VIDA」を手がけた、今最も注目をあつめるエンジニア。そしてその音楽をリスナーに届ける配信、そしてメディアの観点からは、技術家でOTOTOY代表の竹中直純氏が登壇。モデレーションを務めるのは音楽とテクノロジーの関係を長く見つめ、発信してきた「Sound&Recording」(リットーミュージック)編集長の國崎晋氏。

同講座は東京・渋谷パルコ6Fの2.5Dのスタジオで開講され、ライブストリーミングを通じて全世界に配信される。また講座の後は登壇者と出席者が交流を深める懇親会も行われるそうだ。講座の申し込みは下記特設サイトまで。

「エンジニアリングは音楽に何を与えるのか?」
http://thepublic.jp/lectureDetailLive.php?id=90

イベント概要
「エンジニアリングは音楽に何を与えるのか?」
日時:2014年7月4日(金)19:00~20:00 ※トークイベント後簡単な懇親会あり
会場:2.5D(渋谷パルコ PART1 6F) ※ライブストリーミング配信あり
登壇者:Sadaharu Yagi(レコーディングエンジニア)、竹中直純(技術家、OTOTOY代表)
モデレーター:國崎晋(『Sound&Recording』編集長)
参加費:1500円(1ドリンク別 500円)
主催:オフィス樋口(http://higuchi.asia/
協力:THE PUBLIC(http://thepublic.jp/

ライブストリーミング「エンジニアリングは音楽に何を与えるのか?」

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP