ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【大阪珍スポット】通天閣のお膝元・新世界市場のポスターが「粋」すぎる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

大阪を代表する観光スポット、新世界。そのメインは通天閣で、名物の串かつとともに訪れる観光客は後を絶たない。一方、その通天閣の近くにある商店街・新世界市場は、昭和レトロな雰囲気を今に伝えるものの、多くの店のシャッターが閉まったままで、寂れた雰囲気は否めない。
その新世界市場に2013年、店ごとにさまざまなポスターが貼られた。そのポスターがなんともユニークだと聞き、現地に足を運んで見に行ってきた。
「昔は人ゴミで見えへんかったんや 今はボーリングできるけどな」(商店街)、「ご近所の女のカラダを知り尽くしている男。」(婦人服店)、「これぐらいのおはぎ作りたい」(和菓子店)など、デザインはもちろんキャッチフレーズが、店頭に思わず立ち止まって読んでしまうものばかりでスゴい。
また、新世界の名物、串かつの二度漬け禁止に引っ掛けた「パンツの二度履き禁止!」(洗濯道具店)には思わず拍手。「おっ茶ん」(茶販売店)は、おっさんなのかおっちゃんなのか、思わず気になってしまった(※どちらも大阪弁で使う)
平日昼間だったからか、新世界市場を歩く人はまばらで、シャッターを閉めたままの店がたしかに多かった。だがその一方、明らかに観光客風の若者たちが、ポスターを見て笑い、スマートフォンの写メで撮っていた光景も見かけた。このポスターの数々を知って訪れたかどうかは定かではないが、興味を持ってもらうキッカケには最適だと感じた。
全国的にこのようなシャッター商店街はどんどん増え続けていて、大阪の人気観光スポットのそばでも決して例外ではない。だが、アイデア次第で商店街がにぎやかになり、足を運んでもらうキッカケができる。その先駆け的な取り組みとして、このようなポスターの数々は画期的であり、全国に広がって行ってほしいと思う。
新世界市場再生プロジェクト | Facebookhttps://ja-jp.facebook.com/shinsekaiichiba

【Nicheee!編集部のイチオシ】
京都・伏見桃山城 「城内立入禁止」だけど市民のシンボルに定着した理由
大阪国際空港のキャラクター「そらやん」がネットで話題!&お披露目会レポ
【連載・日本の駅】若者が憧れる“昭和”な雰囲気を醸し出す駅「国道」駅

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。