ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【動画】藤岡弘(68歳)が12人をフルボッコにして、火薬段ボールに車でツッコむ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『仮面ライダー』で一躍人気アクション俳優の地位を確立した生きる伝説・藤岡弘、(68)が、リハなし、手抜きなし、で魅せたアクション動画を入手した!

藤岡が本気アクションを披露したのは、先週末から公開されたケヴィン・コスナー主演のアクション映画『ラストミッション』のイベントだ。

コスナーは、危険なスタントも自ら進んで演じることで有名で、本作でもCGを使わず、本格アクションをこなしているが、そこで昔から自ら危険なアクションをこなし続けてきた藤岡が宣伝隊長として登場。映画でキーワードとなる”ミッション”とかけて、危険なアクション”ミッション”を実演してくれた。

コスナーのアクションに対し、「彼は本物。普段からやっていないとできない動きや男のにおい。修羅場をくぐり抜けてきた男ですよ」と、同じアクションを自ら演じる者としてコスナーを大絶賛の藤岡。

今回入手した映像では、まず劇中に登場する425万円するプジョー(RCZ)に乗車した藤岡が、積み上げられた段ボール目がけて猛スピードで突っ込み、急カーブし停車するカーアクションからスタート。段ボールに仕掛けられた火薬が爆発し、迫力も満点だ。イベント取材に来た取材陣からは「おぉ!」という歓声が上がり、一瞬にしてその場のテンションが急上昇。

続いて、四方八方に隠れた12人の敵相手に立ち回りを行うガチアクションも披露。頭上から襲いかかってくる敵もいれば、物陰から銃やナイフ、鉄パイプといった武器を持ち襲いかかってくる相手に対し、68歳とは思えない素早い動作で次々と敵を倒していく。貴重な立ち回りのリハーサル映像も入っているのだが、リハにも関わらず、その姿は真剣そのもの。本番さながらのスピード感ある身のこなしからは、藤岡がいかに本気かが感じられるはずだ。

【動画】http://youtu.be/aIGV2SIaeB0

ちなみに、日頃から精神&身体を鍛えていると語る藤岡が取得している資格・免許は、柔道 三段/空手 初段/抜刀道 四段/刀道 教士七段/小太刀護身道 四段/居合道 初段/槍/手裏剣/普通自動車/大型自動車/大型特殊自動車/大型自動二輪/スキューバダイビング/二級小型船舶/銃砲/自家用飛行機/調理師/ハム無線/海上特殊無線技師/スクリーン・アクターズ・ギルド(全米映画俳優組合)と物凄い数。これに特技として、射撃と乗馬が入ってくるそうだ。

コスナーに負けず劣らずの見事なアクションを実演した”侍”藤岡弘の勇姿は、映画『ラストミッション』同様、必見だ!

『ラストミッション』は新宿バルト9ほか大ヒット上映中

【参照リンク】
・『ラストミッション』公式サイト
http://lastmission.jp/ 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。