ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コロンビア 攻撃力は高評価も守備低評価は不安定CB陣が理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 激戦の南米予選を2位で通過したコロンビアは、グループリーグで日本が最後に対戦しなければならぬ強豪国だ。南米予選こそ、10チーム中最少の13失点(16試合)という安定した守備を見せたが、攻撃力の高い評価とは反対に、常に守備の弱さを指摘されてきた。

 理由は不安定なセンターバック(CB)陣にある。

「ディフェンスを統率しているのはジェペスという選手ですが、すでに38歳とサッカー選手としてはかなり高齢。相手のスピードに対応しきれなくなってきています」(サッカージャーナリストの西部謙司氏)

 ジェペスとコンビを組むサパタは27歳だが、判断が悪く、プレーに安定感がない。最終ラインは、ここぞという時に不安を露呈しそうだ。

 コロンビアの得意な攻め方は、基本形の4-4-2からボールポゼッション(支配率)を高めた上でサイドバック(SB)も積極的に上がる前がかりの戦術だが、ボールを保持して前線からプレッシャーをかけるのは、最後尾に不安を抱えていることの裏返しといえる。

 相手陣内でボールを取られると、2-2-4-2のような陣形で高い位置でのプレスをかける傾向にある。「積極的な守備」というより、何が不安要素なのかを自分たちがよく知っているからこそ、前がかりになっているのだ。

 本来は最後尾での守備を担うべきSBが高い位置を好むため、事実上、自陣は「不安なCB」に任せることになってしまう。実際、コロンビアの負け試合では、上がってしまったSBの後ろの空いたスペースに相手からボールが放り込まれ、ディフェンス陣が対応しきれないまま失点に繋がるケースがよくみられる。

 今大会初戦となったギリシャ戦でも、このパターンで何度も危ない場面を作られている。その中に、日本代表がコロンビアに勝つヒントとなる重要なプレーがあった。

 前半7分、ガラ空きになったコロンビアの右サイドをギリシャのMFサマラスが切り裂き、センタリングを上げてコネがシュート(枠の少し右に外れる)。コネは前半終了間際にも強烈なシュートを放ってゴールを脅かすが、これはコロンビアの左サイドの崩しから始まった攻撃だった。

 そして後半18分、トロシディスの折り返しから、ゲカスが放ったヘディングシュートだ。ジェペスとサパタはゲカスへのパスに対応しきれず、ギリシャに決定的な得点チャンスを許してしまう。シュートがクロスバーを直撃したのが幸いだった。

 点こそ入らなかったものの、攻撃力に乏しいといわれていたギリシャですら、ここまでコロンビアを追い詰めているのだ。日本であれば付け入る隙は十分にある。

※週刊ポスト2014年7月4日号

【関連記事】

遠藤保仁 W杯グループ突破「コロンビア戦までに決めたい」

B型の人の割合 日本は22%、インドは40%、フランスは7%

コロンビアSBアルメロは要注意 ファルカオに代わるFWも多い

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP