ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

タクシー運転手の卵は読モ兼タレント女性 「優しく見守って」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 タクシーを捕まえたら、運転手が絶世の美女だった──。そんな夢みたいな話がこの7月にも実現しそうだ。

 写真の彼女は、タクシー運転手の卵である。読者モデル兼タレントの生田佳那さん(22)。

 飛鳥交通(本社=東京・新宿区)が行なう、タクシー乗務員として収入を得ながら夢の実現を支援する「ドリームプロジェクト」でグランプリを獲得、すでに第二種運転免許(バス、タクシーを運転するために必要な免許)試験にも合格した。

「運転には自信あるんです。研修でも講師から“ベテランおじさん級”って褒められました」

 正式な乗務員になるにはあと一つの試験をクリアするだけだ。

「まだ地理試験に受かってないんです。長野出身で、埼玉の大学を今春卒業したばかり。東京の地理はややこしくて……」

 試験に合格し、7月からの乗務が目標。定時制乗務員として月16日の昼勤務をこなす予定だ。

「今後は女優に挑戦する傍ら、運転手で稼ぐ気満々ですよ。早く流し営業したい。地理は不安だけど、ご乗車の際は優しく見守ってくださいね」

撮影■渡辺利博

※週刊ポスト2014年7月4日号

【関連記事】

年収の官民格差 バス運転手は公務員677万円、民間435万円

タクシーから「道のわからない運転手」なくす3つの方法

タクシー運転手 消費増税で初乗運賃710円が730円になり困る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP