体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オンキヨーから約8時間のバッテリー駆動を実現した13.3型サブノートPC『M5シリーズ』2モデル発売へ

M5シリーズ


オンキヨーは、13.3型ワイド液晶を搭載したサブノートパソコン『M5シリーズ』の後継モデルとして、店頭販売モデル『M513A7』および、同社販売サイト『オンキヨーダイレクト』専用モデル『DM513』の2モデルを発売します。『M513A7』は全国の取扱店にて、『DM513』は『オンキヨーダイレクト』にて、本日より受注を開始しました。

新しい『M5シリーズ』は、超低電圧版CPU『Intel Core2 Solo プロセッサーSU3500』や、LEDバックライト液晶ディスプレイを搭載。省電力化により約8時間の長時間バッテリー駆動を実現しました。また、約1.8kgの軽量ボディにDVDスーパー・マルチドライブを搭載。DVDやハイビジョン映像を画面いっぱいに映しだします。

『DM513』のBTO(Build to Order)では、モバイルMiMAXに対応した『Intel Centrino Advanced-N + WiMAX 6250』の選択や、オフィスアプリケーション『Office Personal 2010』の追加も可能です。

本体天面には、金型と樹脂の間に転写フィルムを挟み、成形時に金型内でデザインするインモールド成形を採用。傷に強く繊細で美しい光沢仕上げのデザイン。サイズはW333×D225×H31.5mm、価格は『M513A7』はオープン、『DM513』は7万9800円からです。

M5シリーズの主な仕様
OS:Windows 7 Home Premium(32bit)
CPU:超低電圧版Intel Core2 Solo プロセッサーSU3500
メモリー:2GB(『DM513』は4GBを選択可能)
ハードディスクドライブ:320GB
ディスプレイ:13.3型ワイドTFTカラー液晶(光沢パネル/LEDバックライト搭載)最大1366×768ドット
光学ドライブ:DVDスーパー・マルチドライブ
インターフェース:USB2.0(×3)、LANポート、ミニD-sub 15pin、ヘッドホン端子、マイク端子
バッテリー駆動時間:約8.0時間
サイズ:はW333×D225×H31.5mm
重さ:約1.8kg
 
 

■関連記事
世界最小サイズ! CDケースとほぼ同じ大きさのDVDドライブ『DVSM-PSS58U2-BK』
ノートPCがデスクに立つ! キーボード外付け時にも便利な『2WAYノートPCスタンド』
パナソニック、軽量でタフなノートPC『Let’s Note』をさらに高性能化! 夏モデル発売へ

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。