ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KKBOX、KREVAのキャンペーンでストリーミングサービスを通じた音楽CDプロモを実施

DATE:
  • ガジェット通信を≫

21日、東京・渋谷パルコPART1にて、KKBOXは全国のPARCOで展開している音楽キャンペーン「Listen with Me」の一環「巨大KREVA壁画制作」の企画会見を行った。

会見には、6月18日にソロデビュー10周年を迎えるとともにベストアルバム「KX」(ケイテン)をリリースしたKREVA自身も登場。

7月上旬に完成予定の巨大壁画(3メートル×3メートル)について、KREVAは「渋谷はレコードショップがたくさんあったときはずっといたし、渋谷を通るために大学の通学も遠回りしていたほど思いで深い街。そこに自分の壁画を描いてもらえてうれしいです」とコメント。

「一番変化したのはいろいろな事に責任感が出てきたこと。今までノリで済ませて来たところがあったので、そういうところはしっかり考えるようになってきた」「もちろん音楽にも影響していて、歌詞はしっかり筋道をたてて自分も納得できて、みんなにも良いメッセージを届けられるものが書けるようになった」と自身の10周年を振り返った。

今回のKKBOXとKREVAのタイアップで特に注目したいのは、ベストアルバムには収録されていないKREVAの楽曲をKKBOX用に特別にセレクトしたコレクション(「KX Other Side」)を制作、そのフライヤーを全国のCDショップ等で配布しアルバムをプロモーションするという点だ。レコードメーカーおよび実店舗と連携し、競合するかと思われる音楽販売チャンネル(ストリーミングサービスとフィジカル)をあえて組み合わせ、リアルショップでのCD購入促進に繋げていこうという取り組み。

KKBOXは、カニバリゼーションを起こしているという見方もされているストリーミングサービスとフィジカルの特性を把握し、逆に双方を近づけてマーケットに落とし込むことにより、サブスクリプション型ストリーミングサービスの新たな可能性を見出していく。

関連記事
KKBOXとPARCOがコラボ、ソロ10周年を迎えるKREVAと大型タイアップ企画を実施

KKBOX×PARCO KREVAキャンペーンページ
KREVA オフィシャルサイト

KKBOX CEO Chris Lin(クリス・リン)氏インタビュー
KKBOX Japan 合同会社 松山泰士氏インタビュー

関連リンク

■KKBOXhttp://www.kkbox.com/jp/ja/index.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP