ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

音とイラストが紡ぐ魅惑の新世界! みみめめMIMI 1stライブ レポート

DATE:
  • ガジェット通信を≫


みみめめMIMI ボーカルの正体が声優のタカオユキさんであることがはじめて明らかになった
新世代視聴覚ユニット・みみめめMIMIが、6月22日(日)に、赤坂BLITZにて初となるライブ「みみめめMIMI 1stLIVE Welcome to“みみめめLAND”」を開催した。

2013年8月のデビューから一切顔出しをしてこなかったみみめめMIMIにとって、初めてファンの前に登場する念願の舞台。この日はじめて、ボーカルの正体が、なんとテレビアニメ『君のいる町』などに出演する声優のタカオユキさんであることが明らかになり、ファンを喜ばせた。

その日、記念すべき大舞台で声優としてのタカオユキさんとシンガーのユカさんそれぞれの活動が初めて合致。

ユカさんの初々しくも力強い歌声と、イラストレーターのちゃもーいさんとで紡ぎだす、“視聴覚ユニット”という名前に相応しい、音とイラストをふんだんに取り入れた舞台演出によるファンタジーな世界観が展開された。

【次のページ】みみめめLANDへようこそ!

みみめめLANDへようこそ!

シンガーソングライターとイラストレーターのユニットらしく、オープニングからライブのキービジュアルを使用した映像で幕を開けると、スクリーン越しに1人のシルエットが登場し、そのまま1曲目「Mr.Darling」がスタート。

2曲目の「センチメンタルラブ」に突入すると、スクリーンが落ち、ついに本人が姿を…! 会場中にオーディエンスの大きな歓声が響き渡った。

最初のMCで「みみめめMIMIです。本日はみみめめMIMI 1stLIVE Welcome to みみめめLAND 開園日にようこそ!」と元気に観客に挨拶し、白いワンピース姿の本人に映像が透写された幻想的な雰囲気の中「蝶~Butterfly~」、「Am I Ready?」の2曲を歌い上げる。

途中、イラストから飛び出したようなポップな衣装にチェンジし、ダンサーを引き連れ「閃光ハナビ」でキュートなダンスを披露。

続く「瞬間リアリティ」では、オーディエンスとの掛け合いによるみみめめMIMIコールで盛り上げたところで、壮大なロックチューンの「サヨナラ嘘ツキ」のイントロが流れだし、会場の熱気は最高潮に。

激しくダンスをしながら歌い上げる姿は、まさにデビューから1年間の思いを爆発させたかのようにエモーショナルで圧巻のステージだった。

まだ夢の途中

ライブ終盤、ボーカルを務めるユカさんは、今回のライブへの葛藤や苦悩、そしてファンに対する熱い思いをぶつける。

「初LIVEというたったの1度しかない私たちの大切な1日に足を運んでくださりありがとうございました。こうやって自分の歌をみんなに届けることに憧れてました。実際にステージに立っても自信は持てないし、弱い自分は弱いままだけど、そういう葛藤があるからこそ曲も生まれて今日みなさんに会うことができました」という素直な胸中と、まだまだ叶えたいことがあるという意気込みを語った。

そして、夢を叶えることを描いた「ミッディ」を披露。大盛況のうちに本編は幕を閉じた。

【次のページ】いよいよアンコール! センチメンタルに会場を彩る

センチメンタルに会場を彩る

オーディエンスからのアンコールの呼びかけに再度ステージに登場すると、ユカさんの楽曲作りの原点であるピアノの弾き語りでデビュー曲「センチメンタルラブ」を華麗に演奏。

曲を終えた後、続けて「今日は本当にありがとうございました。みなさんにお会いできてうれしかったです。デビューから1年になる8月13日に1stアルバム『迷宮センチメンタル』を出すことになりました」とファンへの感謝の言葉を述べる。

そして、みみめめLANDの閉演にふさわしい、自分を振り返ってつくったというバラード・『SAY-YOU』を披露し「最後に、相方であるちゃもーいが会場に来ています!彼女に大きな拍手を!」とメンバー紹介すると大きな拍手が会場を包んだ。

そして、オーディエンスから大きな歓声の中、何度も何度も深いおじきを繰り返した後、満面の笑みで舞台をあとにした。

8月13日(水)に1stアルバム『迷宮センチメンタル』をリリースするみみめめMIMI。収録曲の「no name love song」が映画『思春期ごっこ』の主題歌に、さらには「兎ナミダ」がPS Vita専用ゲーム『せかい☆セイフク~COSTUME FES.』へ提供されることが決定している。

まもなく結成から1周年を迎えるみみめめMIMIは、すでに新たな方向へと歩き出している。そんな彼女たちの未来図を観客に描かせる1stライブだった。

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP