ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

音楽への接触状況「ほぼ毎日楽しむ」が半数以上 10代女子は音楽ライブ体験を好む

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スカパーJSATはネットエイジア調査協力のもと、「音楽ライブと音楽視聴に関する調査2014」を発表した。

調査対象は10代~60代の男女で、日頃どのように音楽ライブと接し、どのような意識を持っているのかなどを探った。
※調査方法:全国の15歳~69歳の男女1,000名に対し、5月23日~5月30日の8日間、インターネット調査(携帯電話によるインターネットリサーチ)により調査を実施。

【音楽・音楽ライブとの接触状況】

音楽を聴く頻度「ほぼ毎日」が54.6%、「週に1日以上」は88.0%。

音楽ライブ(TV番組やDVD、動画などの映像を含む)に対しての接触頻度、「週に1日以上」が29.4%、「月に1日以上」が43.8%。男女別では「月に1日以上」が男性37.6%、女性50.0%、特に10代女性では58.9%と高い数字に。

【音楽ライブの楽しみ方】

音楽ライブを楽しむ方法は「TVの音楽ライブ番組(録画含む)で」が64.3%。
「ブルーレイ・DVDのライブ映像で」40.3%、「CD(ライブ音源を収録したもの)で」39.1%、「ライブ会場で」38.8%、「パソコンからのインターネット(動画共有・配信サイト)で」30.1%、「ケータイ・スマホからのインターネット(動画共有・配信サイト)で」25.1%と続く。

特に10代では、「ケータイ・スマホからのインターネット(動画共有・配信サイト)で」が61.7%と顕著な傾向に。

【夏の音楽ライブについて】

夏フェスなど、夏の野外音楽ライブを楽しみたいと思うか聞いたところ、38.5%が同意を示した。

【音楽・音楽ライブとの出会いと価値観】

自分の人生や価値観を変えた音楽があるか、ないかに対しては、「ある」が50.6%となり、性年代別にみると、10代女性では「ある」が62.7%、20代女性では67.5%と、人生や価値観を変えた音楽と出会ったと感じている人の割合は、若い女性で多い傾向となった。

日常的な音楽との出会いでは、「聞いていると仕事や勉強がはかどる音楽」が「ある」は64.6%、「仕事や勉強のストレスを癒してくれる音楽」が「ある」は81.4%に。音楽は人々に特別な効果を与えているようだ。

【最も好きな音楽ジャンル】

最も好きな音楽ジャンルでは「ポップス(J-POP、K-POPなど)」が最も多く46.6%、「ロック」12.3%、「アニメソング」12.1%、「演歌・歌謡曲」8.9%、「クラシック」6.1%、「フォーク」4.4%と続いた。

年代別にみると、10代、20代では「アニメソング」が高く(10代35.2%、20代20.4%)、30代、40代では「ポップス(J-POP、K-POPなど)」(30代62.7%、40代55.1%)が、50代、60代では「演歌・歌謡曲」(50代14.0%、60代27.7%)が、それぞれ他の年代層より高くなっている。

どのような音楽が好きかでは、「歌詞にメッセージ性のある音楽が好き」が72.2%、「(見た目が)かっこいい・かわいいアーティストの音楽が好き」は38.2%、「流行っている音楽が好き」は24.4%に。

忘れられない“自分にとっての伝説の音楽ライブのあるなしでは、「ある」が43.2%に。バブル世代や団塊の世代に多くみられる結果となっている。

(スカパー!調べ)

上記、画像・グラフは「音楽ライブと音楽視聴に関する調査2014」より

音楽ライブと音楽視聴に関する調査2014 (PDF)

■スカパーJSAT株式会社http://www.sptvjsat.com

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP