ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ナクソスが休止予定のOTTAVAを承継、サービス継続へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ナクソス・ジャパンは、TBSが運営してきたクラシック専門のインターネットラジオ局OTTAVAの商標・ドメインを譲り受け、今後、当社が中心となって、OTTAVAの運営会社を設立し、サービスを継続していくことを発表した。

OTTAVAは、2007年4月、TBSが、デジタルラジオの実用化試験放送の1チャンネルとして開局。同時に、インターネットでのストリーミング配信をスタートさせた。

パソコンやスマートフォンを通じて、約20万人のリスナーへ届けていたが、TBSは昨年、デジタルラジオへの不参入を決定。これまで取り組んできた デジタルラジオの実現に向けた施策を一旦見直すこととし、本年4月1日、OTTAVAも、6月末での休止を発表していた。

休止発表後、多くのリスナーやクラシック業界から継続を望む声が上がり、クラシック音楽を広めたいという志の下、OTTAVAに参集しているプレゼンター(出演者)も、その声に応えたいという想いを日増しに強めていた。

そうしたリスナーの声やプレゼンターの想いがOTTAVAの音源調達先であるナクソスにも届き、同じクラシック音楽を生業としている者として、OTTAVAの継続を支援することを決めたという。

TBSも、リスナーの保護につながる、当社からの提案を高く評価。結果、スムースな商標・ドメインの譲渡に至った。

7月1日からは、ナクソス・ジャパンがOTTAVAのウェブサイトをそのまま引継ぎ、OTTAVAプレゼンター陣と共に24時間のストリーミング配信を継続させる。その後、OTTAVAが提案しているクラシック音楽の世界をマネタイズできる複数の事業者とOTTAVAの運営会社を設立。

10月には、新番組を編成し、ウェブサイト内でのコンテンツ販売、有料配信等を開始。新しいOTTAVAとしての本格的なサービスインを予定している。

OTTAVA
http://ottava.jp/

ナクソス・ジャパンhttp://naxos.jp
「ナクソス・ミュージック・ライブラリー」日本語版サイトhttp://ml.naxos.jp/
「ナクソス・ミュージック・ライブラリー」海外版サイトhttp://www.naxosmusiclibrary.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP