ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

K 初の野音ライブを開催、スキマ大橋・スタレビ根本と共演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

6月21日、Kの自身初となる東京・日比谷野外音楽堂でのライブlive K 2014〜SUIKA・WA・RI〜が開催された。6月にリリースされた5年ぶりのニューアルバム「On My Journey」を引っさげての本ライブは、Kの遊び心満載の演出が随所に見られた。

雨天も心配された6月の野音。ライブ前、「とにかく晴れることを祈ってます」と語っていたK。その願い叶ってか、幸い天候にも恵まれ、「晴れてれてよかったですね。皆さんのおかげです」と安堵の声を響かせた。

軽快なバンド演奏に迎えられ登場したKは、ライブのタイトル通り、甚平姿に目隠しをした“スイカ割り”スタイル。勢いそのままに「イケナイDRIVE」を演奏し、会場を温かい笑いで包み込んだ。

「夏が近くなるとロックアーティストはみんな外でライブをやり始めるのに、僕みたいなバラードアーティストは外に出てはいけないみたいな感じ。そんな世の中の流れを変えたかった」と、MCで今回のライブ開催の経緯を語ったK。

ライブ中盤からは夏フェスの形式にならって、Kとプライベートでも親交のあるアーティスト達がゲストとして登場し、本日限りのスペシャルステージが繰り広げられた。

1人目のゲストとして登場したのは、スキマスイッチの大橋卓弥。プライベートで何度も飲みに行っているという2人だが、2人だけで歌うのは初めて。Kのニューアルバムから「NOTE」と、エヴァリーブラザーズの「Crying In The Rain」を、アコースティックアレンジで歌いあげた。

大橋がステージを去るやいなや、本日2人目のゲスト、スターダストレビューの根本要がサプライズでスイカを持って登場。K本人も本気で驚く一幕も。K自身が、「このイベントをやると決めて、一番最初に浮かんだ人」と語る根本。挨拶代わりに、Kが生まれた年1983年にリリースされたスターダストレビューの楽曲「トワイライト・アヴェニュー」を共演。続いて、同氏をイメージして作ったという、Kの想いが詰まった楽曲「My Piano」を2人で披露した。

会場がしっとりとした空気に包まれる中、ステージには再び大橋卓弥が登場。K、根本要、大橋卓弥の3人がそろい、演奏されたのはスリー・ドッグ・ナイトの「Joy To The World」。誰もが1度は聴いたことがある名曲に、会場も大合唱に包まれた。

アンコールではゲスト2人が再度登場し、Kの楽曲「Music In My Life」にコーラスで参加。この豪華すぎるサプライズに会場は大いに盛り上がった。

ライブの締めくくりは、「音楽でみんなをハッピーに出来るように」というMCから、「君と僕の部屋」を会場の合唱と共に演奏。「来年もやります」と意気込みと共にコンサートは幕を閉じた。

今回初の野外コンサートを成功させたKはこの後も大阪、東京2都市でのワンマンライブを控えている。

セットリスト
1.イケナイDRIVE
2.Traveling Song
3.RIDE ON TIME
4.Y.E.S.
5.drear…
6.誓い〜Waiting For Love〜
7.Note
8.Crying in The Rain
9.トワイライト・アヴェニュー
10.My Piano
11.Joy to The World
12.2億4千万の瞳
13.Director’s Cut
14.Shout of Delight
EN
1.Music in My Life
2.over…
3.君と僕の部屋

関連リンク

■K オフィシャルHPhttp://www.k-official.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP