ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

数々のヒットCMを手掛けた人気コピーライターの「アイデアの通し方」とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

会社の上司や得意先に自分のアイデアが認められたり、会議で自分の意見が通ったりすると、嬉しくなるもの。一方、いくら努力しても、こちらの意図をなかなか理解してもらえなかったり、認められないことだってある。そんな時、「理解しない相手に問題がある」と思ってしまう人はいないだろうか? もちろん、そんな場合もあるだろうが、多くのケースでは、自身のプレゼン能力や伝達能力が、不十分であることがほとんどだ。

どうしたらそういった能力を高められるのだろうか。

そこで今回は、今月発刊されたばかりの書籍『伝わっているか?』(宣伝会議)を紹介したい。著者は、日産自動車セレナのキャッチコピー「モノより思い出」の生みの親で、サントリー『伊右衛門』など数々のヒットCMを手掛けた人気コピーライター・小西利行氏だ。

本書は、言葉のプロである小西氏によるコミュニケーション上達のための本。

小西氏は”伝え下手”な人の根本的な誤りについてこう指摘する。
「『伝える』ことばかり考えると、結局、相手のことを考えず、自分の意思を押し通すエゴになってしまうからです。(中略)『伝える』のは自分だけでもできますが、『伝わる』には相手が必要です。つまり、『相手に伝わる』ようにするためには、相手のことをたくさん想像しなければいけないわけです」(本書より)

自分が伝えたいことだけを考えるのではなく、相手が望むことを想像し、”伝わる”よう努力することがコミュニケーションには大切、と語る小西氏。そんな彼も、以前はかなりのコミュニケーション下手で、会社の上司からは何度も「向いてないから辞めた方がいい」言われるほどダメコピーライターだったとか。

しかし、多くの失敗と試行錯誤を経た結果、徐々に「伝わる言葉」の作り方、使い方、考え方がまとまるようになり、それを『伝わるメソッド』として一冊の本に収めたのが本書なのだ。

なお、本書は主人公の語り手”いるか”が全10話の短編ストーリーを通じて「今すぐに使える20のメソッド」を紹介していく内容となっている。ありがちなビジネス本とは違い、ストーリーに沿って各メソッドを落とし込んでいるので、読みやすく理解もしやすい。自分の努力を確実に、結果に結び付けたい人は是非、本書をチェックしてみてはいかがだろうか。

【書籍データ】
・『伝わっているか?』小西利行著 宣伝会議

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP