ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

霊視喫茶店マスター「独身主義者の女性は男性の厄年が影響」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 霊視ができる喫茶店「パーラーオレンジ」のマスターとしてバラエティー番組に出演し、現在「鑑定は10か月待ち」という室井健助さん(58才)が起業に向く干支と向かない干支について語ってくれた。

 * * *
 お客さんのなかには、会社経営者もいらっしゃいます。これはあくまでぼくの実感ですが、霊視をしていて気づいたのは、経営者向きの干支と、そうでない干支があるということ。経験から、トップに立つのに向いている干支を順に言うと、申、亥、寅、巳、辰。そのなかでも、最も向いているのが申年です。実はぼくも申年。喫茶店を経営したのも、トップじゃないとイヤだからです(笑い)。

 反対に、子、卯、丑、午、未は、経営はどちらかというと不向きでサポートに回る方がよく、戌や酉は勤め人向きです。

 女性でも、バリバリ働いている人や独身主義者の場合、男性の厄年が影響する場合があります。たとえば昭和48年生まれの場合、数え年で42才なので本来は男性の本厄の年ですが、女性のあなたも本厄と同じ影響を受ける可能性がある、というわけ。前厄から後厄までは大きな引っ越しや長い旅行など、人生の転機になるような行動は避けたほうがよいでしょう。

 体も心も弱っているときに、神社仏閣にお参りに行くと、そこにとどまる悪い霊の影響をもらってしまうことがあるので、避けてください。よく、深夜2時過ぎは“丑三つ時”といって霊の出る時間帯といいますが、午後も同じ。午後2時を過ぎると、霊がワッと増えるのを感じます。お墓参りも、午前中にすませて、2時には墓地を出るようにしましょう。

 それと、神社の参道を歩くときは、中央は神様の通り道なので、人は左右を歩くことを、ぜひ覚えておいてください。

※女性セブン2014年7月3日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
お年玉ない皇室 故高円宮殿下は同級生羨ましかったと語った
宝くじ運UP術 牛肉食べ、西にある売り場で午後5~7時に買う
キャラクターおせち作りに欠かせないのはゆで卵、かまぼこ等

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP